一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

DSMかAVアンプか

 現在、マランツのNR1602を愛用してるのですが、これを知人に譲って、新しいシステムを組みたいなぁ、と考えてます。要するに色々なストレスが溜まってきて物欲を発散したくなっただけですが。

 私が楽しんでいるコンテンツは偏っていて、以下のような感じです。

・9割以上がレコーダーで録画しておいた番組
・リアルタイムで見るのはほぼスポーツ系オンリー(プロ野球、自転車ロードレース、競馬、たまにサッカー)
・ジャンルはアニメとドキュメント系(NHKがやたらと多い。あとは経済番組系)がほとんど
・映画などのサラウンドコンテンツは月に1、2回くらい
・寝るときにBGMとしてNAS内の楽曲を小音量で再生(スリープ使って2時間程度)

 つまり、実はほとんどが2.0ch番組だったりします。
 だからなんとなく、多チャンネルのAVアンプはもったいないなぁ、という意識がありました。
 まあ、別にステレオでもその大きな電源部分は無駄にはならないと思うんですけどね。それだけ余裕があるわけですから。元ソニーのかないまるさんのサイトでもそのようなことが書かれていましたし。

 そんなとき、LINNのDSMが不意に視界に入ってきました。
 それまでは自分とは無縁の存在だと思ってたLINNがいきなり候補に。
 2.0chメインなら、DSMでいいんじゃね?、と。
 ショップで色々聞いてみると、音は相当にいいようで。
 価格は……一番下のSNEAKY DSMで20万強。おおう。AVアンプの最上位も狙える(笑)。
 ただ、長く使うならまあ、うーん……という感じ。

 実際に自分で聴いてみないとわからないので、そのうち、視聴させてもらってきます。
 今のところは、以下の5機種が候補。

・LINN SNEAKY DSM(ヘッドホン端子がないのとアンプの能力が未知数)
・LINN MAJIK DSM(予算は完全に超過だけど、10年戦えそうな)
・パイオニア SC-LX88(私にはオーバースペックだけど、なんか憧れる)
・パイオニア SC-LX78(LX58でも充分な気がするものの、どうせならこのクラスも試してみたい)
・ヤマハ RX-A2040(使いやすそう&リーズナブル。あとは実際に音を聴いてみたい)

 なにか物欲があると仕事頑張ろうって気になるので、しばらくは楽しく悩みます。
 実際に買うかどうかはまた別問題だけど!


 DIGAのレコーダーを新しいモデルに買い替えるのが一番満足度高そうってのは頭では理解してますが。

ファインメットシート導入

 除電関係でお世話になったアークス白須さんのブログでファインメットの記事が出てから、ずっと使ってみたいと思ってました。
 実は、ファインメットに関しては以前から知っていたんですが(主にビーズタイプ)、私には敷居が高いなぁと敬遠してたのです。
 そんなときにアークスさんでも取り扱いが始まった(しかも手が届くお値段)んで、仕事が一段落したときに自分にご褒美だと言い訳してゲットしました。物欲発散するために常にエクスキューズが必要なダメ人間。

 届いたのはこちら。

P1080982真ん中のがファインメットシート
P1080984これがファインメットビーズ
P1080986そしてニャー(笑)

 ファインメットシートの左にあるのは、これもずっと気になってた光HDMIケーブルのサンプル。お借りして1週間試用してみたので、あとで別に感想書きます。

 さて、個人的にメインディッシュであるファインメットシートですが、まずはデスクトップPCにばさっとかけてみました。簡単だし、PCなんてノイズの発生源だろうと思ったから。ネットで調べてみると同じことやってる人が複数いましたし、白須さんのところでもそんなレポートがあったんで。
 んで、その状態でデスクトップシステムで音楽を聴いてみますと……あれ、別に変化ない? なんだ、がっかりだな……と思ったんですけど、いやいや、そうじゃありませんでした。かなり音が変わってます。
 私はなんとなく、ちょっと派手な感じに変化すると勝手に想像してたんで、それと違う傾向だったから一瞬わからなかった模様。思い込みって怖い。
 全体の雰囲気というかバランスはそのままで(変に崩れた感じではなく)、でも低音(正しくは中低音、かな)がえらく出てます。それでいて今まで埋もれていたような音が聞こえてくる、って印象。

 よし、これならあちこちに使ったらもっと変わるんじゃねーの、とうきうきしながらシートを切ってノイズを出してそうな機材やケーブルに貼ったり巻いたりしてみました。
 でも……んんー? あんまり効果感じないぞ……?

 私なりに試行錯誤した結果、好ましいと感じた使い方は以下のとおり。あくまでも私個人の嗜好であり、うちのシステムの場合であり、現時点での感想なので、参考程度にしてくださいませ。文句は受け付けないよ!(笑)

・ケーブルに巻くときは多めに
 説明書にも記してあるように、シートを重ねたほうが効果が強くなるみたいです。
 だから、最初はケチってケーブルに1回か2回しか巻いてなかったのをやめて、少し長めに切り、5〜8回くらいぐるぐるとやってみました。
 ただ、人によってはやり過ぎると逆効果ってケースもあるようなので、各自の環境に合わせてみるのがよろしいかと。

・アナログ系は回避
 スピーカーケーブルとかRCAケーブルにも試してみましたが、特に効果を感じられなかったので今は使ってません。むしろ音が縮こまったような気も。
 これもシステムによるのかも。

・ノイズの発生源に使う
 我が家で一番効果があったのはこれ。AV機器に直接使うだけでなく、ノイズを出してると思われる家電の電源ケーブルにぐるぐる巻いてみたら、音が綺麗になったように感じました。
 特に冷蔵庫!
 PC系の電源を繋いでるタップも効果あったかな。
 NASにかぶせるのはあまり効果がわかりませんでした。効くと思ったんだけどなー。


 ただ、最初にやったように、機器にばさっとかけるのが一番効果的かもしれません。一番コストかかりますけど!
 私は当面、各機器の電源ケーブルや電源タップにちまちま巻きつつ、その効果を確認してるところです。
 いっぺんにやるとどれがよかったのか(悪かったのか)わかんなくなりますからねえ。

 んで、結局どうなったかと言いますと、これ書いてる現在、かなり好みの音に近づいてきました。
 最近聴いてなかった曲を流して、「ああ、こんなふうに変わるんだ」と、にたにたしてます。
 全体的には、解像度が上がる感じ、ですかね。ざらざら感が減ったのか、つい音量を上げたくなります。
 映像に関してはよくわかりません(^^; 変わってるのかもしれないけど、あまり気にしなかったんで。

 今後も楽しみながらちょこちょこ試してみます。

 ファインメットビーズは今のところ、どこにどう使えばいいのか悩んでる段階です。

アニソンファンのためのタグ管理術

 音楽を聴く手段がCD等からデータに移行して、利便性は劇的に向上しました。もうびっくりするくらいの進歩です。戻れと言われても無理です。少なくとも私は絶対に無理。
 当初はPCで再生したりiPod(今はWalkman)で持ち歩いてましたが、昨年NASを導入して、現在はここにAVアンプを使ってのネットワークオーディオも加わりました。夜、寝るときのBGMに利用してます。
 いやあ、便利ですなあ。

 ただし、楽曲が増えたことで(今のところ8000曲強)問題も目立ってきました。管理の問題です。
 ぶっちゃけた話、タグです。もうタグに始まりタグに終わる問題です。
 どんな規則で管理するか、もうずっと悩んでます。試行錯誤の連続です。
 その結果、取り敢えずの、本当に取り敢えずの形式は決まりました。ここ2年くらいはこのやり方でタグ編集してますけど、まあ、大きな問題はないです。
 覚え書きも兼ねて書いてみます。もしも同じことで悩んでる方にとって、少しでも参考となれば幸いです。
 もっといい方法があるよ、というときは是非教えてくださいませ。

 あ。あらかじめ断っておきますが、メインターゲットはアニソンです。私の持ってる楽曲のうち、かなりの割合がアニソンだから(笑)。タグ編集で一番困ってるであろうクラシックファンのみなさまには参考になりませんのであしからず。
 私もクラシックを持ってますけど、数百曲程度なので今のところテキトーなタグでもなんとかなっちゃってるんで。えへへへ。

 なお、フォーマットは基本的にwavです。flacのほうが色々と便利なんでしょうが。ここらへんは各自の好き好きで。
 願望込みで、近い将来、wavに埋め込んだタグも各プレイヤー(ハード・ソフトの両方)が対応してくれるんじゃないの、と予想してるという理由もあります。ってか、対応させてよ!

 では、本題。
 タグで大切なのは、

・曲名
・アルバム名
・アーティスト名
・ジャンル名

 この4つです。これを自分でわかりやすいように管理すると、ぐっと楽になります。
 さらにレーティングを加えるとプレイリストの利用がより便利になってオススメですが、それはまた別の機会に。そんな機会があれば、ですけども。

サンプル1:azusa「Check my soul」
 大好きな曲で、私のリファレンスの1つ。「アマガミSS+」のOPですね。
 ファイルネームは「トラックナンバー+曲名」で管理してるので、このタイトルは、

01-Check my soul

 となります。

 アーティスト名やアルバム名をファイル名に加えるという方法もあるんですが、それやるとえらく長くなるケースがあるので断念。特に、複数の声優が歌ってるようなキャラソンとかだとより顕著になるので……。

 その代わり、アーティストとアルバムはタグの他にフォルダでも管理しています。「アーティスト¥アルバム¥ファイル」って感じで。サンプルの場合だと、

azusa¥Check my soul¥01-Check my soul

 です。

 また、ジャンルタグはその作品名にする、というルールにしてます。ただ、あまりにも細かく分けると不便なので、ざっくりした、わかりやすいもので。
 たとえばサンプル曲だと「アマガミSS+ plus」が正式タイトルになりますが、私は「アマガミ」にしてます。
 二期とかだとタイトルが微妙に変わる作品ありますけど、シリーズ名にしておくとシンプルでよろしいかと。
 もっとも、ガンダムなんかだと数が多すぎるので「ガンダム」「ガンダムSEED」「ガンダムUC」みたいにある程度分けちゃってますが。

サンプル2:岩男潤子「シャッターチャンスの連続」
 上と同じ規則でタグ付けしますと、以下のようになります。

岩男潤子¥岩男潤子 ベスト・コレクション¥01-シャッターチャンスの連続

 この曲は「モンタナ・ジョーンズ」というアニメのイメージソングらしいのですが、私は見てなかったし、単独の曲として認識してるので、ジャンルは「声優」にしています。もちろん、「モンタナ・ジョーンズ」の曲として把握してる人はその限りではありません。
 ジャンル名は臨機応変でよろしいかと思います。

 アニメ作品(映画とかドラマでも一緒)ならばそのタイトルを使えばいいんですが、そうでない曲をどうするか。ここ、結構悩みました。
 持ってる曲の種類・大小にも左右されますんで、各自でアレンジしてみてください。私の場合だと、

・「声優」……そのまま。声優さんのアルバムとか。「女性声優」「男性声優」と分けてもいいかも。
・「J-pop」……これもそのまま。「Rock」とかもっと細かく分けてたんですが、今はもう全部これにひとくくりという乱暴なラベリングしてます(笑)。
・「クラシック」……本当は一番ジャンル分けが難しいかもしれないのですが、幸い、私はそんなに所有してないので(数百曲程度)、ざっくりとこれで済ませてます。
・「ジャズ」……クラシックと同じく。ビル・エヴァンスが好きなので、彼の曲だけ集めたプレイリスト作ってます。
・「女性Vocal」……たとえば前述のazusaはここのカテゴリに。アニソン系だと多いですよね。声優さんじゃないけど、アニメ関係の曲を多く歌ってる方。「男性Vocal」とか「男女Vocal」もありますけど、分けなくてもいいかも?
・「Folk」……うちのライブラリで一番多いのは、実はさだまさしなのです。伊達に中学生の頃から聴いてないぜ!
・「Inst」……坂本龍一とか葉加瀬太郎とか、大雑把に。
・「Anime」……懐かしのアニメとか、そういうのはわざわざ作品名にせずに、これでひとまとめ。

 これ以外のは適宜、お好みで。

・サンプル3:宮内れんげ,一条蛍,越谷夏海,越谷小鞠「のんのん日和」
 「のんのんびより」のED曲。最近のアニメで多い、キャラが歌ってる、というやつですね。
 これをどう扱うかがなかなか面倒なのです、タグをつけるときは。
 色々と試行錯誤した結果、私は曲名にキャラ名を並記して、アーティスト名に声優名、というルールにしました。
 こうするとアーティスト名で声優さん検索できるんで。
 難点は、大人数で歌ってる楽曲だとタグ入力が面倒になる、という点でしょうか。アイマスとか地獄(笑)。
 で、サンプル曲はこんなふうになります。

「のんのんびより」¥のんのん日和¥1-のんのん日和:宮内れんげ,一条蛍,越谷夏海,越谷小鞠

 そしてアーティスト名のタグは「小岩井ことり;村川梨衣;佐倉綾音;阿澄佳奈」とします(順番も曲名に記したキャラと揃えておきましょう)。

 一番最初のフォルダは「のんのんびより」と作品名にしてあります。「」で囲っておくと作品名だとわかるので便利。通常のアーティスト名と分けるためです。
 アーティスト名と作品名、どっちにするか悩むケースもあるんですが、ここらへんもお好みで。
 たとえば私は「アマガミ」関連の曲は「アマガミ」フォルダに分類してますけど、azusaの曲はazusaフォルダに単独で入れてます。

 え、だったら「アマガミ」の曲が聴きたいときにはazusaの歌ってるのが検索できないじゃん!……と思う方もいるでしょうけど、その場合はジャンル名で「アマガミ」を指定すればオッケーでございます。
 だから、azusaさんのアルバムにタグを付ける場合、「アマガミ」の曲にはジャンル名を「アマガミ」にして、その他の曲は「女性Vocal」にしています。

 今回の「のんのん日和」みたいなキャラソンは作品ごとにフォルダ分けしちゃうと便利じゃないでしょーか。多分。

・サンプル4:μ's「START:DASH!!」
 「ラブライブ!」の挿入歌(1期最終話の9人バージョン)の、ハイレゾ版。
 これまでの例と同じようにタグを付けてみましょう。

μ's¥No brand girls/START:DASH!!¥2-START:DASH!![ハイレゾ]

 最初のフォルダ名は「ラブライブ!」のほうがいいんですけど、なんとなくμ'sでひとまとめにしちゃってます。
 シングルの2曲目だからトラックナンバーは2。アーティスト名はμ's、ジャンルはラブライブ!。
 通常版とハイレゾ版を区別するため、曲名のあとに[ハイレゾ]と追記してあります。まあ、ここはしてもしなくてもいいかも。
 この[ ]は他に[Live] [Inst]などの注釈にも使ってます。半角全角は統一したほうがいいですね。私は半角。
 アーティストの区切りには半角の「;」を使ってます。

 ちなみに数字や記号も半角か全角か決めておくとあとで迷いません。私は数字やアルファベットは半角、記号は全角(上の例だと「/」がそう)、「!」や「?」は1文字なら全角、2文字以上は半角にしてます。ここらへんは仕事柄ですね(一応プロのエロ小説家)。

・サンプル5:篠ノ之箒,セシリア・オルコット,凰鈴音,下田麻美,シャルル・デュノア,ラウラ・ボーデヴィッヒ「SUPER∞STREAM」

 「IS」のED曲。
 μ'sとか765PRO ALLSTARSみたいにグループ名がある場合はそれを使うとすっきりするしタグ付けが楽ですが、そうじゃないときはこんなふうに曲名がだらだらと長くなっちゃいます。たまに心が折れます……。
 この曲を整理すると、こんな感じ。

「IS」¥SUPER∞STREAM¥1-SUPER∞STREAM:篠ノ之箒,セシリア・オルコット,凰鈴音,下田麻美,シャルル・デュノア,ラウラ・ボーデヴィッヒ

 アーティスト名は日笠陽子;ゆかな;下田麻美;花澤香菜;井上麻里奈、ジャンル名はIS。


 以上、駆け足で紹介しましたが、多少なりともアニソンファンのみなさまの参考になりましたら幸いです。
 もしも「参考になった! 是非この感謝の気持ちを形にしたい!」という奇特で物好きな方がおりましたら、私の本を書店で買ってくださいますと嬉しいです(常に宣伝を忘れない私)。エロいけどね!

タグ付けサンプル1

(私もまだ全部の曲を整理できてないです。むしろ新曲が増えて、未整理の曲がどんどんと積み上がっていくような……。)

(2017/09/16更新)
かつてはアーティストの区切りを「,」にしてましたが、現在は「;」にしてます。
こうすると複数アーティストとして扱われるので。
更新するの、すっかり忘れてました……(上の画像もあくまでも参考程度に)。

ThinkPad 14インチ フィット・リバーシブル・スリーブ

 ThinkPad T440sを毎日のようにファミレスに持ち込んで原稿書いています。縦書きで小説書いてるとアスペクト比16:9はちょっと垂直方向に狭いな、とは感じますが、極上のキーボードのおかげで気持ちよく仕事ができてます。

 そんなT440sですが、普通のバッグ(吉田カバンのポーター)に裸のまま入れて持ち運んでいました。
 これまでのところ傷がついたりとかの不都合はまったくありませんが、なにかの拍子にバッグを落としたらさすがのThinkPadでもちょっと怖いなと思い、スリーブケースの物色を始めました。

 しかし、これが意外に大変。
 サイズ的にいい感じのものが見つからないのです。いや、あるのかもしれませんが、私には発見できませんでした。
 よさげだと思ったのがMacBookAirの13インチ用。
 MBAが325×227×17.0
 T440sが331×226×20.65

 でも、もしかしたらぎりぎり入らないかも、という感じのサイズのものばかりだったので悩んだ末に断念。
 伸びる素材のケースなら大丈夫って気もするんですけども。

 そこで狙ったのが純正品であるThinkPad 14インチ フィット・リバーシブル・スリーブ。税込1689円(送料無料)を40%引きクーポン使って969円! これなら失敗しても許せる値段!
 さくっと注文!

スリーブ表?側
スリーブ裏?側
スリーブT440s専用ではないため、多少の余裕はある
スリーブ肌触りは悪くない
スリーブ赤い面を使ったときの裏側の難点が、
スリーブこのタグ。ま、切っちゃえばいいか?

 何日か使ってみましたが、なかなか悪くないです。お値段のわりにはカッコイイし、ThinkPadのロゴがいい感じ。
 クッション性はそんなにないかもしれませんけど、そこはほら、ThinkPad本体の頑丈さでカバー。ないよりはあったほうがいいよね、というつもりで買ったので特に問題はなし。

 このお値段を考えればいい買い物したと思います、はい。

腕時計購入計画(その5・4年経過したオシアナス)

その4から久々に続く)

 前回の記事をアップしてからもう4年半くらい経つのに、いまだに「オシアナス」「カシオ」といった検索ワードで訪問してくれる方が少なくありません。
 かつての私と同じように「シチズンのアテッサとカシオのオシアナス、どっちがいいか」と悩んでる方も多いようですね。わかるわぁ……。

 その後の私は新しい腕時計欲しいと思いつつも、まだこのオシアナス1本のみです。
 次はやっぱりカンパノラだよな、とか、黒文字盤のフォーマルなものを先に買わなきゃいけないからオメガとかの機械式で1本いくかとか、いやいやだったらザ・シチズンでもいいじゃん、グランドセイコーでもよくね?、等々、相変わらずの迷える子羊状態。
 っつーか、そもそも予算ないです、はい。色々と他に買うものが多くって。

 さて、そんなわけであれからもずっと活躍してくれたオシアナスの現在の様子をみなさんにお伝えしたいと思います。写真が下手なのでわかりづらいでしょうが、そこはそれ、フィーリングでよろしく。
 考えるんじゃない、感じるんだ!

オシアナス全体像
オシアナスバンド部分
オシアナス正面から
オシアナスちょい斜めから
オシアナス同じく斜めから
オシアナス裏から

 フラッシュ焚くと反射が凄いので、ちょっと薄暗い写真が多くてすんません。
 でも、基本的にそんなに傷はついてないと思います。結構ラフに扱ってんですが。あちこちにがつがつぶつけちゃってるし。

 ガラスには目視では全然傷は見当たりません。
 バンドには小さな傷がいくつかありますけど、目立つ程じゃないですね。むしろ愛着が湧きます。
 特別な手入れはしてません。汗をかく時期なんかは水でじゃばじゃば洗って、あとはタオルとティッシュでちょっと拭くって程度。買った当初は結構ちまちま磨いてましたけどね(笑)。

 さて、さすがにこのモデルもとっくに生産中止になってます。
 オシアナスの新製品もちまちまチェックしてますが、気になってるのはここらへんですかね。



 10周年記念モデル。こういう限定品に弱い私(笑)。
 発売前なので、もちろん実物は知りません、はい。



 デザイン的にはこっちが好き。黒と青って組み合わせがたまらんです。
 こっちは実物見たことあります。写真よりカッコいいですよー。

ThinkPad T440s(レノボ)その4 総括レビュー(追記あり)

その3から続く)

 手元に届いてから2週間ほど、なんだかんだで10日間くらいはそれなりに使い込んだので、ひとまず現時点での感想をまとめてみたいと思います。今後、印象が変わったりしたらまた書きますけど。

 タイトルにはレビューなんて書きましたが、私にそんな大層なものは無理なので、ただの個人的な感想をだらだら並べてるだけとと思ってください。ノークレームでよろしく!(最初から逃げ腰)


 まずはスペックについて再確認。

・インテル Core i5-4200U プロセッサー (1.60GHz)
・Windows 8.1 (64bit)
・14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS)、タッチなし
・インテル HD グラフィックス
・8GB PC3-12800 DDR3L (4GBオンボード + 4GB)
・日本語キーボード(バックライトなし)
・指紋センサー
・カメラなし
・500GのHDD(256GのSSDに自分で換装済み)
・スマートカードリーダーなし
・3セルリアバッテリー
・45W ACアダプター
・インテル Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth 4.0

<処理速度>
エクスペリエンスインデックスエクスペリエンスインデックス

 一番下位のCPUを選んだのだけど、メインで使ってるデスクトップと比べてすべての数値で互角か上回っているという事実にちょっとばかりショック。当然、Z61mとは比べものになりません。
 私の用途だとほとんど重い処理はしない(文章作成がメイン)こともあり、使っててストレスはほとんど感じません。もちろん、SSDの威力も大きいと思われます。

SSDのベンチマークSSDのベンチマーク

 4Kの数値がちょっと低い気がしますが、初めてのSSDだし、HDDとは全然違う、ということしかわかりません。確かにこれはもう戻れなくなりますなぁ。
 おかげで今、デスクトップ使ってるときのほうがストレス感じます……。

<ディスプレイ>
 ネットで調べてみると、AUO製のパネルは素晴らしい出来で、LG製はよろしくないとのこと。比較画像(動画だったかな?)もあったような。
 こればっかりは運なので神様に祈りつつ注文しました。ただ、多分LG製だろうなぁ、という予感もしてたので、半分諦めてました。
 で、実物ですが、さすがに綺麗です。ThinkPadなのに綺麗だ(笑)。視野角もばっちり。
 14インチでフルHDだから文字が美しく、仕事(エロ小説書いてます)してても気分がいいです。さすがに新しいX1Carbonには負けますが、通常の用途ならこれでだいたいの人は足りるんじゃないかと。

 あ、それでどこのメーカーのパネルだったかですが、さっき調べたらAUO製でした!
 そんなわけで、あくまでもAUO製パネルの評価ということでよろしく。LG製が本当にハズレなのかも私にはわかりません。改善されてるといいんですけどね。

<キーボード>
 一番こだわったところがここ。このキーボードだからこそThinkPad買ってるのです。
 私は比較的強めに打鍵するタイプということもあり(そして親指シフター)、X系よりもT・W系のようなストロークの深いキーボードが好きです。
 これまで使ってたZ61mよりも浅くなってるのですけど、そんな印象はないですね。底がしっかりしてるので、気兼ねなく入力できます。

 アイソレーションタイプはこれが初めて。でも違和感なく、むしろ以前のものより心地よく打てます。
 ここらへんの感想は好みの問題もあるでしょうが、個人的にはかなりの高得点。原稿用紙にして100枚分くらいT440sで書きましたけど、気のせいか普段より速度も上がってるような。
 もっとも、あくまでもノートとしては、という話。普段使ってる東プレのキーボードのほうが上位の評価。
 ただし、ノートの範疇に限るならほぼ文句なし。こんだけ気持ちよく打てれば満足です。

 BSキーとDeleteキーの位置はちょーっとまだ戸惑ってる段階ですが、ま、これはそのうち慣れると思います。
 PageUpとPageDownも同様。機能的にはこの位置のほうがいいんじゃないでしょーか。

<トラックポイント>
 ThinkPadのアイデンティティーであるトラックポイントは薄型タイプ。以前は別のタイプ使ってましたが、それほど違和感なく、すぐに慣れました。
 これがなくなったらThinkPad買う理由の半分くらいは消えますねぇ。

<5ボタンクリックパッド>
 問題はこいつ(笑)。けれど、初めて店頭で触ったときの超絶ネガティヴな印象はなくなりました。もしかしたら若干改良されてるのかもしれませんし、ただの個体差の可能性もあるのかも?
 確かに以前の物理ボタンに比べるとぱこぱこ音がするし、いくらか重いです。
 トラックパッドが広いというのは確かにメリットもあります。実際、二本指スクロールとか、すっごい便利。
 けれど私個人の使い方だと、物理ボタンのほうが好きです。間違いなく。

 ただし、現行のこいつでも合格点はあげてもいいと思います。100点満点で60点とか65点くらい。
 物理ボタンが独立してたら90点はあげちゃいますが!

 私は設定をいじって「トラックパッドなし・センターボタン大」等にしてます。初期設定よりは以前のフィーリングに近づくかと。

 そうそう、買った当初は右クリックがうまくできずにかなりイライラしました。なんでか左クリック扱いになるんですよ。設定いじりまくってもダメでどうしたものかと悩みましたが、理由は単純でした。私、親指の爪の部分で押してたんですね。
 物理ボタンならこれでよかったのですけど、トラックパッドだから認識されてなかったわけです。しばらくは意識して爪でなく、皮膚の部分で押すようにします。

<バッテリー>
 ディスプレイを真ん中より明るめ、Wi-Fiオフの状態でテキストエディタで原稿書くという、比較的負担の少ない状態で使用したところ、だいたい1時間で20%くらい減りますね、外部バッテリー。
 ちなみに私はしきい値いじって、80%を上限にしてます。
 内部バッテリーはできるだけ使わないようにしても3、4時間くらいは稼働できる計算。実際、ファミレスで仕事してても3時間は楽勝です。4時間も大丈夫かと。まだそこまで試してませんが。
 内蔵バッテリーを使ってもいいわけですしね。

 外部バッテリーがどれくらいで劣化するのかも興味あります。まぁ、1年フルに使えればいいです。バッテリーは消耗品ですから。

 劣化したときにどうなるかは未知数ですけど、現状、思っていたよりも稼働時間長いな、という印象です。

<総評>
 期待していたとおりのディスプレイ、
 期待以上だったキーボード、
 不安ほどではなかったクリックパッド、
 期待ほどではなかったけれど不安ほどでもなかったバッテリー、という感じでしょうか。
 大きなマイナスはありません。大きなプラスはあります。トータルではもちろんプラス。
 あくまでも私のちょっと特殊かもしれない用途では、という但し書きはつきますが、買ってよかった、というのが偽らざる本音。いい買い物したと思ってます。

 まあねぇ、前のモデルが2006年に買ったZ61mだから、という点は差し引いたほうがいいかもしれません、あるいは。
 それを踏まえても私の中では高得点。トータルで80点くらい、いや、85点くらいあげてもいい気がします。コストパフォーマンス含めて。総額で13万弱(25%オフクーポン使用)でこれなら文句なし。X1Carbonも視野に入れてたから余計に。

 不満点はソフト関係。特に省電力マネージャーがwin8系では使えないのは致命的。
 POWERってアプリが代替なのでしょうが、細かいところが全然いじれないのは心底がっかり。
 レジストリいじるとその数値に対応して表示が出るから、ちょっと改良すればいいだけだと思うんですが。
 この点に関してはサポートに電話して聞きましたけど、現状、対応の予定はない(サポートに連絡が来てないだけの可能性もなくはない)とのこと。要望が多ければもしかしたら……とかなんとか。頼みます、ホント。
 できれば内蔵と外付け、別々にしきい値いじれるようにして欲しいです。

 あ、そうだ、内蔵バッテリーの交換が修理扱いになっちゃうのはやっぱりThinkPadとしてはマイナスですね。
 交換費用は3万くらいらしいから(X1Carbonも同じくらいっぽい)金額的には許容範囲。でも修理に出すのは面倒だし、自己責任でいいからユーザーが交換できるようにして欲しかったです。

 あと、3セルタイプと6セルタイプの中間サイズの外部バッテリーあるとよかったかも。
 私はキーボードに傾斜がないほうが好き(手首に負担がかからない)だから6セルバッテリーは回避しましたけど、あの大容量は確かに魅力。
 その分、ホットスワップに対応してるから、これはこれで便利だと思いますが。

 納期はもちっとなんとかしてもらえるといいかなぁ。
 多少価格が上がってもいいから、NECの国内工場で組み立てしてもらえませんかね。ThinkPadのフラッグシップラインだけでも。


 以上、だらだらと書きましたが、基本的には「買ってよかった」です。




(2014/04/16追記)
 手元に届いて1ヶ月が経ちました。ほぼ毎日、週に4〜6回ほど外(ファミレス)に持ち出して、2〜4時間、小説執筆に使っております。
 トラックパッドは「トラックパッドのみ使用・タッチパッド切・ジェスチャー有・ボタン最大」設定に落ち着き、かつての独立物理キーほどではないものの、充分快適(たまにイラッとするけど(^^;)になりました。人間、慣れるもんです。
 キーボードはやっぱり快適で、このタッチはクセになります。執筆してて楽しくなりますもん。底がかっちりしてるのがいいんですかねえ。
 ただし、BSとdeleteキーはいまだに迷います。何度、消しちゃいけない文字を消してしまったことか……! なぜ慣れない、私。歳か、歳なのか!?

 天板はあまり指紋がつきにくく、ちょっと拭けばすぐに汚れがとれるのもいいです。キーボードやトラックパッドも同じ。使ってるときはちょっと目立つ気もしますが、いやになるほどじゃないです。
 頑丈さもさすが、の印象。結構ラフに扱ってますけど、トラブルになりそうな感じはありません。

 ネガティヴなことも1つ。
 先日、静かな環境でいじってた際に、なんか妙な音が。調べてみると、サーって感じのノイズがスピーカーから出てます。動作に合わせてノイズが変化するっぽいです。静かでないと気づかないレベルではありますが、逆に言えば静かであれば確実に気になるレベル。
 私は音を出さないからスピーカーオフにしてますけども。これ、ハードの問題ですかねえ。今度問い合わせみよっと。そのうちゲームをインストールしてみようと思ってるんで、ノイズが気になる可能性もありますし。

 あ、もう1つ気になる点がありました。
 スリープから復帰する際、指紋認証がときどきうまくいきません。通常のパスワードを入力すれば復帰できますが、せっかく指紋登録したんだから、さくっと使いたいのが本音。
 設定がまずいのかなぁ。でも普段はだいたいちゃんと認識してくれるんですよねえ。うむむ?

ThinkPad T440s(レノボ)その3

その2から続く)

 ある程度T440sのセッティングも終わったので、本格的に外での仕事に使ってみました。
 条件はこんな感じ。

・ファミレスで2時間50分(食事やドリンクバー、トイレで何度かスリープ利用)
・ディスプレイの輝度は真ん中よりやや明るめ設定で
・秀丸エディタを使っての小説執筆、たまにPCの設定いじくったり
・オフライン

 開始時のバッテリーは、内蔵が56%、セカンドが77%。
 店を出るときは、内蔵が55%、セカンドが27%。
 セカンドバッテリーから優先して使うはずだから、この1%減は自然放電、かな? よくわかんないけど。

 稼働していたのが2時間30分くらいだとすると、実際に浪費したバッテリーは50%程度。
 単純計算で、30分で10%ってところ?
 私が外で使うのはだいたい3時間半、長くて4時間、最大で4時間半ほどだから、それぞれ70%、80%、90%あれば足りる、はず。
 ただし私はいたわり設定(80%で充電ストップ)にしてるから、3時間半でちょうどセカンドバッテリー使い切る感じですかね。実際は残り5%になると内蔵バッテリーに切り替わるようですが。

 内蔵バッテリーは40〜80%の範囲を維持する予定だから、まあ、最低でも1時間半くらいは追加で稼働できる計算。5時間くらいは普通に使えるってことですね。
 原稿執筆があまりPCパワー使わないってことももちろんプラスに働いているはず。

 バッテリーはへたる消耗品だから、これから先、どんどん稼働時間は減っていきます。最小で当初の半分って話なので、セカンド80%&内蔵40%の条件下でも最悪5.5時間くらいは動かせる計算。全然問題ないですね。
 っつーか、そこまでへたったら普通にバッテリー買い直してるでしょうし。内蔵バッテリーの交換は修理扱いで面倒だから、なるだけこっちは使わない方向で。

 聞いた話だと、内蔵バッテリーは1000回くらい充電できるタイプらしいです(セカンドバッテリーは2〜300回程度)。私の使い方だと、内蔵バッテリー交換する頃には本体を買い替えてると思われます。

 ホットスワップできるから、セカンドバッテリーをもう一つ用意しておく、という使い方もありですね。


 不満なのは、Win8/8.1だと、あの便利だった省電力マネージャーというソフトが(普通の方法だと)使えないこと。おかげで、バッテリー充電のしきい値を手軽に変更できなくて困りました。
 8系だと「Lenovo Settings」内の「Power」がこれに当たるのですが、現時点(2014年3月21日)ではしきい値の変更には対応してない模様。

 そこで現在は、以下のサイトで紹介されていた方法を使わせてもらってます。レジストリいじくるので、当然、自己責任。

・In The Mirror〜「ThinkPad T540p バッテリー設定」

 ちなみに私の設定は「40%以下で充電スタート、80%で充電ストップ」。
 ただWindowsのバッテリー表示だと80%になっても「充電しています」「充電していません」と交互に出てきて精神衛生上よろしくないので、80%になったら電源は抜いちゃってます。

 純正アプリが早急に出てくることを期待。

(注:2016年1月現在では別の設定にしています。詳細はこちら。)

 そうそう、2時間以上、文庫換算にして10ページほど書いてみましたが、キーボードのタッチは相当に好きです。メインのデスクトップで使ってる東プレのRealforce106とまでは言いませんが、ノートでこの感触なら文句はありません。
 いくつかキーの配置が変わっててまだ「あれ、どこだっけか」と指が迷うこともありますが、これは慣れの問題でしょうしね。

 クリックパッドに関しては現在、あれこれ設定をいじくってる段階。
 ネットで酷評されるほどとは思いませんが(なかなか快適)、以前の物理ボタンのほうがよかったのは確実かと。
 でも、タッチ操作も覚えるとかなり便利になる予感もしています。

 ここらへんは、もう少し使い込んでからでないとなんとも。



(その4に続く)

ThinkPad T440s(レノボ)その2

その1から続く)

 SSDへの換装が済んだので、続いてアプリのインストール作業に入りました。
 私のメインPCはデスクトップで、ノートはバックアップとファミレスなどで原稿を書くためのサブ機となります。そのため原稿書くソフトがメインとなり、比較的数が少ないから楽です。
 もっとも、今後はちまちまとあれこれインストールするんでしょうけどね。

 だいたい、以下のような順番でインストールしました。

・セキュリティソフト
・ブラウザ(メイン機とリンク処理)
・ATOK(パスポートという月額サービス利用&同期機能オン)
・秀丸エディタ(デビュー前からずっとこいつで原稿書いてます)
・姫踊子草(親指シフトにするため)
・KEY SWAP(同上)

 SSDのおかげか、さくさくとインストール進みます。
 これらのメインで使うソフトはT440sの構成選ぶときにwin8系でも動作することは一応確認してありましたが、今のところ、おおむね問題ないです。
 一つだけ、秀丸に不具合?っぽい現象出ましたが、これはどうにか自己解決。詳細は本館ブログに書きましたけど、あっちは18禁なんでリンクは張りません。興味ある方は「青橋由高の一日一歩」というブログの、2014年3月18日の「秀丸エディタ&姫踊子草&Windows8.1でのトラブル(?)と対処法っぽいなにか」という記事を参照してください。多分、ほとんどの方は関係ない内容です……。

 んで、最低限の環境はできたので、テストを兼ねてあれこれ遊んでみました。
 いやー、思ってる以上にディスプレイ綺麗ですわ。IPS&フルHD、素晴らしい。

 ……ん。そういやスペック書いてなかったことに今気づいた。遅まきながら、こんな感じの構成です。

・インテル Core i5-4200U プロセッサー (1.60GHz)
・Windows 8.1 (64bit)
・14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS)、タッチなし
・インテル HD グラフィックス
・8GB PC3-12800 DDR3L (4GBオンボード + 4GB)
・日本語キーボード(バックライトなし)
・指紋センサー
・カメラなし
・500GのHDD(256GのSSDに自分で換装済み)
・スマートカードリーダーなし
・3セルリアバッテリー
・45W ACアダプター
・インテル Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth 4.0

 譲れなかったのはディスプレイとキーボードのバックライトなし。
 そのうち書きますが、バックライトあるとキーの表面がつるつるして、どうも好みじゃないんですよねえ。X1Carbonにしなかった理由の一つがこれです。

 CPUは、費用対効果を考慮して。グレードアップするとかなり値段変わるし、消費電力も増えそうだし、そもそも私の用途(文章作成)だとそこまでハイスペックはいらんかな、と。あまり体感できる気もしなかったので。

 一番悩んだのはリアバッテリー。6セルだと稼働時間はすっげー長くて文句なしなのですが、後部が持ち上がるのがちょっと気になって……。
 私はキーが平らな方が好みというか、手首が疲れない感じがするのです。ここらへんは人それぞれかも。
 最悪、3セルをもう一つ買って、ホットスワップすりゃいいか、とも考えての選択です。

 んで、話を元に戻します。
 試しにあれこれいじってみると、思っていた以上にディスプレイが綺麗だし、キーボードが打ちやすいのです。
 本音を言うと15インチがよかったんですが(テンキーがないならT540p買ってた気がする)、14インチでも充分仕事ができる印象。老眼とか気にする年齢になったらまた違うのかもしれませんけど……。

 あと、SSDのおかげか、漢字変換がさくさくで実に快適。メインのデスクトップ機もSSDに換装したくなっちゃいました。

 まだ本格的に文章作成はしてないのでキーボードの最終評価はしませんが、現時点では90点以上あげたいです。キーの配置が変わったことで戸惑うところもなくはないですけど、これは慣れの問題。ちゃんと時間かけてから評価したいと思います。
 今のところ、以前のZ61mより打ちやすいと感じてます。



(その3に続く)

ThinkPad T440s(レノボ)その1

 先月末に注文したT440s、昨日、無事に届きました。
 最初は納期がやたらと早く、期待しつつも「どーせ遅れるだろうから喜ぶのはやめよう」。
 案の定、当初の見積もり程度に延び、「やっぱりThinkPadはこうだよな、うん」。なぜか安堵してる私。
 でもちょっと繰り上がって出荷連絡。「あれ、意外と早い?」。
 無事に日本に到着したものの、国内の配送が1日遅れたのはご愛敬。
 ちなみに、注文してから約3週間での到着でした。まあ、そんなものだと思ってるのでなんとも感じません。国内生産してくれるといいのにな、とは思いますけれど。多少高くなってもいいんで是非お願いします。ThinkPadブランドだけでいいから。

 本当は確定申告終わらせてからセットアップするつもりでしたが、我慢できなくて届いたその日の夜に開封。

T440s以前と比べてロゴの向きが逆なのがちょっと違和感
T440sキーボードなんかもずいぶんとすっきり
T440sZ61mとの比較
T440s厚さが全然違う!
T440s15.4インチと14.0インチの差

 2006年に購入してまだばりばり現役で小説執筆に活躍してるZ61mとの比較。
 まずね、もうね、持った瞬間の重さが違います。信じられないくらい軽く感じます。
 体重計だからかなり大雑把ですが、Z61m(大容量バッテリー使用)が3.4キロ(重っ)なのに対し、T440sは1.5キロ! おいおい、こんなに軽くていいのかってくらい違います。

 まずはさくっと起動して初期設定。初めてのWindows8系なので、色々と新鮮。
 でも起動確認までしたところですぐにリカバリーディスクの作成に入ります。SSDに換装するためです。
 割引率の関係でカスタマイズしても大して金額変わらなかったのですが、使いたくなかったメーカーのSSD搭載される可能性が高かったから自分ですることに。インテルとか東芝だったらよかったのになぁ。

 余談ですが、買うつもりだったメーカー(CFD)のSSDが注文の数日前に急に品切れになってしまい、急遽、別のモデルをチョイス。新型が出るタイミングだったっぽいです。

T440sUSBメモリにリカバリーディスクを作成

 なお、分解やSSD換装に関しては、以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

「ThinkPad X240sのリカバリー・メディア作成とSSD換装」
「X240s 内蔵バッテリーの無効化 SSD換装の準備」

 どちらもX240sですけど、基本は一緒……のはず。

 ドライバでネジを緩めて(外れるのと外れないのがあるっぽい?)、ケースを外そうとしたところで大ピンチ。
「は……外れねえ……!」
 爪でロックしてあるのは保守マニュアルにも書いてあったし、ネットでも苦戦したという方の記事も見ました。が、予想以上にロック固いっ。いや、私が不器用なだけなのかも……。
 爪折りたくないから慎重にやったせいで1時間くらい格闘しました。こっちの爪が折れたり出血するというダメージ……。実は一日経った今もまだ痛いです。
 ある程度力入れたほうが外れやすい気もしますが、でもぱきっと折れそうな感触もあって、正直、二度と開けたくない(笑)。

T440sようやく開いた……
T440sSSDへの換装はすっごく楽

 私が買ったSSDはこれ。


 税込で19800円だったかな?

 SSD使うのは初めてだったのでどきどきでしたけど、無事に起動してくれました。
 さあ、次はここから色々なソフトをインストールして、原稿執筆できる状態にする作業となります。



その2に続く)

ノートPC購入計画(その5)

その4から続く)

 抱えていた仕事が一段落したので、改めてレノボカスタムショップでThinkPadの実機を見てきました。事前に新型X1Carbonが展示開始されてるとわかったからです。

 客の少ない時間帯だったこともあり、他の人の邪魔にならない程度にちょっとずつ、何度かに分けてX1CarbonとT440sを試しました。特にキータッチ。
 きっと私と同じ目的の人がいっぱいいるんだろうな、と予想していたのですが、みんなEシリーズばっかり見てたような……。まあ、おかげで納得いくまで触れました。

 さて、まずは「新しいX1Carbon」(この名称なんとかならんか(^^;)の印象。

 WQHD(2560×1440)の高解像度ディスプレイは、期待どおりの美しさ。
 私は職業上、文字のフォントをメインに確認したのですが、うん、これはいい。綺麗。
 スケーリングすれば実用上の問題もなさそう。アプリにもよるでしょうが。

 この時点で心がぐらぐら来ましたけど、私が一番気にするのはやっぱりキーボード。
 ……あ、やっぱりキーストローク浅い。新しい配置に関しては納得だし、あのファンクションキーも私の用途ならむしろ便利でいいじゃん、と思ったのですが、いかんせん、肝心のキータッチが微妙。
 私は比較的強く叩くタイプ(ちなみに親指シフターで、普段は東プレキーボード愛用)だからその点は差し引いてもらいますけど、それでもちょっと悩むレベル。
 通常の用途なら全然問題ないタッチなんですよ。Ultrabookとしてなら、私が触った中では最高級。でも、こいつでガチで原稿書くのはどうかな、と感じたのも事実。
 年間、原稿用紙で何千枚も小説書く人間なので、どうしても過剰に気にしてしまいます。
 案外慣れそうな気もするのですが。

 バッテリーに関しては、修理交換しても3万くらいという話だったので内蔵タイプであっても気になりませんでした。
 新型X1Carbon、キータッチ以外はこれといって不満は感じませんでした。

 さて、一方のT440s。こちらもキーボードを中心に再チェック。
 …………おおう、やっぱりイイ! 本当にイイ! 私はこのキーボード好きになれそう。
 もちろんデスクトップで使ってる東プレのRealforceなどと比べると落ちますが、特にストレス感じずに仕事できそうな予感。
 ただ、バックライトタイプにするとキートップがつるつるになって好みじゃないですね。ノーマルの少しざらっとした感触が好きです。

 この時点でX1Carbonに後ろ髪ひかれつつもT440s買おう、とほぼ決心しました。
 けれど問題もいくつか。

 まず、バッテリーをどうするか。
 T440sはリアバッテリーで3セルと6セルを選択できますが、後者だと底部が出っ張り、若干傾斜がつくんですよね。このほうが打ちやすいという人も多いようですけど、私はできるだけ手首を寝かせたいのです。
 実際に今も愛用してるZ61mの後部を持ち上げてどんなもんかと試してみましたところ、
「打ちにくいってことはないけど、打ちやすくもない。若干手首が疲れるような気がしないこともないようなあるような?」
 という、びみょーな感想。

 なるだけ内蔵バッテリー使いたくないからできればリアだけでまかないたいのですが、私の用途だと若干稼働時間に満たないっぽい。
 悩んだ末、「ひとまず3セルタイプで使ってみよう。ダメだったら内蔵バッテリーも使うか、あるいはもう1つ3セル買って交換しよう」という結論に。

 もう1つの問題はストレージ。クーポンの関係でSSDにカスタマイズしてもそんなに高くないから普通に注文してもよかったのですけど、パーツリスト見ると、私の好きでない(ソフトな表現をしておりますw)メーカーのものが積まれる可能性が大。
 んじゃ、あとで好きなSSD選んで自分で換装すっか、ということでひとまず決着。

 っつーことで、先程注文しました、T440s。もうちょっと待てばさらに割引率上がりそうな気もしますが!

ThinkPad T440s
レノボ

 なお、私が注文した構成はこんな感じ。

・Core i5-4200U(1.6GHz)
・Win8.1
・14.0型 1920×1080 IPSパネル
・オンボードグラフィック
・メインメモリ8G
・キーボードバックライトなし
・指紋センセーあり
・カメラなし
・500G HDD(7200rpm)
・3セルバッテリー
・無線LANはAC7260

 大した作業しないからCPUのパワーはこれで充分だと判断。いや、もちろん上位モデルもいいなとは思ったんです。ただ、一気に値段上がるから、ここは割切りました。
 メインPCならOSは7にした気がしますけど、サブ用途なので8.1をチョイス。インストールする予定のソフトが対応してることは確認済み。
 IPSパネルは絶対に欲しかったのです。ただ、タッチはいらんよな、と。タブレットは別に買いたいと思います。
 HDDはSSDに換装後、データのバックアップ用に回す予定。

 3年間はフルに働いてもらおうと期待しつつ、到着を待ちます。今のところ、納期は来月中旬。どーせ遅れるんだろうな、とか思ってます(笑)。
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ