オシアナス マンタ OCW-S1200P-7AJF
カシオ(公式サイト)

Yahoo!はこちら

 腕時計購入計画も(ひとまず)完結し、私の手元には当初の予定から大きく移り変わってカシオのオシアナス マンタがあります。
 今回は普段使い用として購入しましたので、そういった観点から簡単なレビューというか感想、個人的な評価を書きます。
 まだ入手したばかりな上、あくまでも私の独断と偏見による意見なのでそのつもりでどーぞ。
 画像は太陽光とLEDライト、2種類の条件で撮影したものです。

オシアナス全体はこんな感じ。
オシアナス正面。
オシアナス角度を変えると白蝶貝が違った感じに見えます。
オシアナス両面無反射には敵いませんが、充分な透明感。
オシアナスこのきらきら感はお気に入り。
オシアナスサイドからの眺めも好き。
オシアナス側面。
オシアナス裏蓋。もちろんメイドインジャパン。聞いた話によると、オシアナスはすべて国内のカシオ社内で製造しているとのこと。
オシアナス後ろから見るとこんな感じ。
オシアナスチタン製ながらステンレススチールに負けない質感。綺麗です。
オシアナス夜光はこんな感じ。写真が悪すぎるだけで、実際はもうちょっと光ります。実用には問題なし。

 装着感は、さすがチタン製、ステンレススチール(SS)とは比べものにならないくらい軽いです。SSに慣れてる人は持った瞬間びっくりするはず。
 ただ、重いほうが好き、という人もいるし(私はどっちも好き)、ここは趣味の問題ですね。でも、普段使いには軽いほうがいいとは思います。

 私は自由業なので私服オンリーですけど、コートを羽織るときに少し引っ掛かるかなと感じるくらいで、特別かさばるとは思いませんでした。

 電波は窓から1〜1.5メートルくらいのところで問題なく受信しています。不安であれば、外出したときに手動受信すればいいかも。電波を受信しなくとも月差15秒という通常のクオーツ精度ですしね。

 防水性能は5気圧と若干不安ですが、そこは国産メーカー、カタログスペックは信頼できます。某量販店の売り場スタッフ曰く「国産品の5気圧ならがんがん手を洗ったりしても問題なし。台風の中でも平気」。台風云々までの性能は求めませんけども(^^;
 3気圧防水のカンパノラを長期使用している某専門ショップの店員さん曰く「手洗いとか雨とかまったく気にしないで使ってますが、トラブルとは無縁。国内メーカーはみんな控えめな数値を言ってるだけですよ」。
 夏場の汗や手を洗うときの水はね、あとはちょっとした雨に耐えてくれるなら私は全然構いません。

 不安だったのは(シチズンのものと比べて評判がややよろしくない)二次電池ですけど、控えめに言っても5〜10年は問題なく動くだろうと聞いてるので、こっちも心配はしてません。どーせ4〜6年でオーバーホールする予定ですし(代金も8400円程度くらい?とリーズナブル)。

 あ、カタログには記載されてませんが、シチズンやセイコー同様、過充電防止機能は搭載されてるそうです(カシオからの回答)。安心してがんがん充電しております……主に室内の蛍光灯ですけども。自宅勤務なので!

 クロノグラフなのにセンター針が秒針として動くのは、私は好きですね。邪道だと思う人もいるでしょうけど、ここらへんは趣味の問題。

 ただ、クロノグラフを使うときはモード切替のために小窓の針が所定の位置に戻るのですが、ちょっと時間がかかるため、すぐに測定開始したいときは少しばかりいらっとしますね。あんまり使いませんけど。

 ワールドタイムや他国の電波受信機能は未使用なのでスルー。いつか使ってみたいです。

 チタンは傷つきやすい材質ですが(その代わり目立たない)、対傷加工されているため、普通に使う分には問題ないと期待しています。今のところ、軽く何度かぶつけた程度だから評価はしませんけど。もちろんまだ無傷。
 カシオからの回答によると「シチズンのデュラテクトと同等レベル」。
 そしてそのデュラテクトの評判を実際に使ってる人に聞くと「普通に使ってるけどほぼ無敵」「がんがんぶつけてもまず傷がつかない」「これに傷つけるほうが難しい」。
 思い切り衝撃与えるとそりゃダメですけど、加工してないものに比べると雲泥の差らしいですね。
 小さな傷はつくのかもしれませんが、目立たないなら別に気にしないし、それはそれで味って気もします。ここらへんも個人の感じ方でしょうか。

 余談ですが、シチズンは他社の製品も加工しているそうです。オシアナスは違うみたいですけども。


 全体的には、軽くて綺麗で見やすくて曜日表示もあって正確で、恐らくは頑丈で、安物には(多分)見えなくて、私の希望する要素はほぼカバー。とにかくこのデザインがお気に入りです。
 レア度も、400本プラス追加生産若干数(カシオの回答)ということを考えるとなかなか悪くないかと! さらに追加されたら泣くけど(笑)。

 不満は、バンドの微調整ができない点と(シチズンはできる)、やや操作が覚えにくいところでしょうか。

 人によってはカシオというブランドに安っぽさを感じるかもしれませんけれど(私も安かろう悪かろうの時期を知ってるから否定はしない)、オシアナスに関しては「わかる人だけわかってくれればいいや。自分は気に入ってるんだし」って感じですね。
 私はこの腕時計を通して、カシオへの評価がかなり上方修正されました。


 どの腕時計もそうですけれど、写真だけでなく、実際に店頭で見てみたり、手にしてみることを推奨します。よくも悪くもびっくりすることが多いですから。

 ちなみに、オシアナスは断然前者。私の第一印象は、「うわ、思っていたよりずっと綺麗!」でしたから。

 あ、カタログと実物の乖離がとんでもなく大きいのはシチズンのカンパノラですね。あれ、リアルで見ると「なんじゃこらあぁ!!」と感動して、物欲刺激される可能性大です。
 もっとも、お値段もマンタの2〜4倍くらいしますけど……。

 なんにせよ、このマンタには満足しています。普段からがんがん使っていく予定。いずれ、また感想書きます。


 腕時計購入計画の今後(セカンド、サードシーズン)の予定は以下のとおり。時期はまったくの未定。

・カンパノラ 紺瑠璃(フォーマル・ドレス・趣味用)
・ザ・シチズン(普段使い・フォーマル用)


 宝くじとか高配当馬券とか増刷次第でなんとか!

(2010/06/30追記)
 現行のカタログに載ってますので、限定生産ではなくなったようですね。ちょっと残念(笑)。
 秋葉原の量販店なんかだと普通に売ってましたので、欲しかった人には朗報かと。

(2014/06/03追記)
 その5にてその後の様子をアップしました。

 「いずれ、また感想書きます」とか言っておきながら4年半放置とか酷いな、私……。