マランツ AVサラウンドレシーバー (学習機能付きリモコン付属)Marantz NR1602/FB
AVサラウンドレシーバー NR1602

マランツ(公式サイトはこちら

Yahoo!の最安値はこちら
 諸般の事情が重なって我が家にやって来たのはこの薄型AVアンプです。
 本当はTVラックに設置したいのですけど、諸般の事情(=散らかっている)でまだ床に置いてます……。

NR1602薄型の意味ねえ!

 レビューというか素人の感想をこれからだらだら書きますが、比較対象は同じエントリークラスのRX-V471(ヤマハ)となりますので、そのつもりでお願いします。
 また、スピーカー構成は2.0chです。スピーカーはCX-101(デノン)
 いくつか試した結果、現在はバイアンプ接続で使用しています。バイワイヤに比べて若干すっきりした音になりましたが、極端には変わらなかったのがちょっと残念。ケーブルとの相性なのかなぁ。

 では、ざっくりと(現時点での)比較結果と感想を。
 基本的に地デジ放送の番組とiPod接続の音楽でのお話です。BDの映画なんかはまだ試してません。

(音質)
 RX-V471のよくも悪くも軽い音と比較すると重厚というか濃い感じ、ですね。
 ソースの音をそのまま増幅してしまうイメージで、粗も目立っちゃうところもあるような。もちろん、いい音はよりよく聞こえる気がします。RX-V471はそこらへん、上手に丸めてたのかもしれません。

 音楽に関しては、解像度がRX-V471よりずっと上です。かなり細かいところまで聴かせてくれるし、ここの音質差が一番の違いですね。

(画質)
 特に差は感じず。

(操作性)
 これは完全にRX-V471の勝ち。かなり違います。
 わかりにくい、というほどでもないですけど、わかりやすくはないですね。ちょっと慣れが必要。
 あと、マニュアルがCD-ROMなのも不便。印刷しましたが、かなりの分量です……。

 iPodのデジタル接続の際、認識まで1分ほどかかるのは同じマランツのNA7004と一緒。
 ただ、RX-V471がほぼ待ち時間ゼロだったので、ちょっと「うーん」という気にはなります。

 全体的なレスポンスに関しては特に不満は感じませんでした。

(機能)
 ネットワークプレイヤーとしての機能はまだ使ってないので評価保留。ただ、RX-V471にはない機能なので、この点はNR1602の圧勝ですね。

(省スペース)
 これも言うまでもなくNR1602の圧勝。
 そもそもこのサイズって、安価なものしかないんですよね。AVプリアンプで薄型出してくれないのかなぁ。需要ありそうな気がするんだけど。

(感想)
 音質と機能、サイズを重視するならば実売価格を考慮してもNR1602はお得なモデルだと思います。
 特にこの薄型タイプは選択肢が少ないので。

 ただ、操作性とか細かい点はもうちょっと頑張って欲しいかな、というのが正直なところ。
 タイマーはあるものの、一定時間信号がなかったら電源切る機能は欲しかったし、リモコンの操作がちょっと直感的にわかりにくかった気はします。……私だけだったらごめんなさい。

 もっとも、腹立つレベルじゃないです。むしろヤマハが洗練されてたと褒めるべきなのかも。


 ちょうどこれ書いてる今日、ヤマハが後継機種(RX-V573、RX-V473)を発表しました。
 特にV573はカタログスペックだけ見るとNR1602とよく似てて、気になりますね。まあ、音に関しては実際に聴いてみないとわからないのですけれど。サイズも違うし


 個人的には、置き場所と予算が許すのなら、次はミドルクラス狙ってみたいと思ってます。
 SC-LX85買えちゃうような売れっ子になりたいです……!

(追記)
 ワットチェッカーで測定しておきました。今頃だけど。1603や1604といった後継はどう変わったのかちょっと気になります。

待機時(HDMIスルーON)……2か3ワット(多分2かな?)
無音時(スピーカー2台接続)……28から31ワット程度
使用時(レコーダー使ったりiPod接続したり)……29から34ワットくらい(Audysseyなんかを使うと1〜3ワットくらい上がる? 音量上げても1ワットくらいしか変わらないっぽい)