kaname25_kiki要石25(機器用)
Ge3

公式サイトはこちら
AMP・CDP・DVDプレイヤー等の機器に接続し、機器の性能を設計値近くまで向上させるのを目的とする超高速仮想アースです。

 前回の感想では(一緒にお借りした他のGe3製品に比べて)あまり効果が感じられなかった、と正直に書いた私ですが、あれ、訂正させていただきます
 あの後、「他のアクセサリーの違いがわかる**さん(私の本名)に、要石の効果が実感できないはずがない。試聴機が故障してたかもしれない」と連絡が来ました。
 いやいや、私が鈍いだけです、と答えたのですが(事実だし)、少しして「やっぱり故障していました。ちゃんとしたものでもう一度試してください」と、わざわざもう一度送ってくれました。申し訳ない。

 しかし……しかし! 正直言いまして、私はマジ困ってました。
 だって……これで前と同じようにちょっとしか変化しなかったらどんな感想書けばいいのよ?(笑)
 嘘吐くのは論外だし、でも「やっぱり前回と同じでした」と書くのはひっじょにー心苦しいし。
 どうしよう、どうしたらいいのよママン……と悩みつつ、まずはいつものようにプリメインアンプ(Nmode X-PM2F)に接続。……ん? あれ? 今回はいきなり違いがわかるぞ? 慣らしてないのに。
 もしかして、本当に前回の試聴機は万全じゃなかったのかしらん?……とわくわくしつつ、色々な機材に試してみました。
 聞くところによると、どうやら上流の機器に繋ぐとより効果的らしいのですが、これは我が家のシステムにも当てはまりました。具体的には、オーディオインターフェイス(RME Babyface)とBDレコーダー(パナソニック DIGA)です。

要石をBabyfaceにBabyfaceに接続

 そこらに転がっていた変換プラグを二つ挟むという、あまり美しくない&音質的にはロスありまくりそうな接続にもかかわらず、これでも効果は確認できました。
 基本的な傾向は他のGe3製品群と同じく、どこかが突出して、というものではなく、全体的な雰囲気が変化します。ちょっと表現が難しいのですけど……凛々しくなる、というのが近い、かなぁ……うーん、うまく言葉が出てこない。
 ええとね、要石を外すと音がぶわっと出てきて、一瞬「こっちの方がいいじゃん」と思うのですが、実はメリハリがなくなってる感じなんです。音の前後がわかりづらくなったり、輪郭がぼやけちゃうとか。他の音と混じり合ってるところが感じられたり。
 よく聴いてる曲(アニソン!)だと、要石外した途端に声が演奏に埋もれちゃいました。
 この曲をうまく鳴らしたいなぁ、といつも思ってるんですよねー。難しい……。

 余談ですけど、画像の端にちらっと「礎」見えますね。買っちゃったのです……!

要石をDIGAにDIGAに接続

 変化の大きさで言ったら、こっちのほうが凄いです。やっぱり変換コネクタのせいか?(笑)
 映像はなにやっても変化がわかりづらい(ちょっと明るくなったかなぁ、という気はするけど自信なし)ですが、音は一発でした。

 さっき改めて比較してみたんですよ。某アニメのBDのEDで。
 まずはノーマル状態で再生。……「おいおい酷い音だなこれ」。CDからWAVでリッピングした曲をいつも聴いてるのですが、EDで流れてきたのはアレレな音でした。うむむ。
 その後、要石をセットしてまた再生。……「おー!」
 だいぶ違います。しゃかしゃかしてたのがかなり落ち着きました。
 まあ、それでもよろしくない音ですが(^^;
 数回つけたり外したりを繰り返して比べましたけど、やっぱり変わります。
 私が導入するとしたらレコーダーですねー。


 多分なんですが、この要石、敏感なシステムであればあるほど効果が大きくなる気がします。
 ノイズが減るというか、静寂さが増す傾向の変化(だと思う)だから、それらを感知できるシステムならより価値が上がるのかも?

 以上、改めての感想でした!


 いやぁ……でも違いがわかってよかった。本当によかった……。どうしようかと思ったもん。
 お借りしたGe3のアクセサリー群の中では、「礎」に次ぐ(物欲を刺激するという意味での)破壊力でした。
 現時点ではこんな感じ。

1位 礎(1.2万)……年末セール利用して購入済!
2位 要石(4.18万)
3位 芋蔓(4万、1メートルペア)
4位 雷智3・弐(1.6万)
5位 テレ・サテン(0.6万)

 3位と4位は同率でもいいかなぁ。
 コスパだと礎とテレ・サテンがいい感じ。