一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

コスミックカーボンSL

スプロケットとギヤ比

 コスミックカーボンSLにもだいぶ慣れてきたのですが、一緒に交換したスプロケット(旧アルテグラ・12-23T)でのギア比のままでいいのかとずっと悩んでおりました。

 フロントはコンパクトクランクの50-34Tで、坂はほとんど登らないので基本はアウターメイン。
 しかし、軽いギアでゼロ発進するクセのある私はついついアウターギア、つまり23Tを使ってました。
 昔と比べると現在の機材ならそう神経質にならなくていいようですが、まあ、いいことではありません。

 詳しい人たちにあれこれ相談したり考えたりしました。こんな感じに。

・フロントを48Tにする(この案は最後まで残ったし、まだ考えてる)
・インナーを38Tにしてこっちを使う(アウターがもったいない)
・フロントトリプルにする(色々問題があるらしい)
・スプロケットを14Tなどのジュニア用にする(同上)
・スプロケットを12-25Tに戻す(18Tがなくなる)


 しかし、最終的に私が選んだのは、
現状のまま脚を鍛える
 でした。
 周囲の方たちもこれ推奨。……体育会系しかいねーな、おい(笑)。

 ギヤ比(フロントの歯数÷リアの歯数)を調べたところ、街中でよく使うのが2.78か2.94。つまりフロント50Tでリア18Tとか17T。
 今装着してるスプロケットは12Tから19Tまでが1枚刻みだから、ここらへんが変速と加速、スムーズでいいんですよね。スプロケ交換しなかった理由はここにもあります。18Tがあるカセットって、あんまりないんですよ。クロスレシオってやつ(詳しくは知らない)?

 普段は50-19T(ギア比2.63)でゼロ発進、すぐに変速して18T、17T、16T辺りで巡航、というパターンに決定。疲れたときは50-21T(ギヤ比2.38)で発進も可。

 これまではシッティングのまま発進してたのを立ち漕ぎにしてみたところ……
あれ? 楽じゃん! 
 と、あっさり解決。
 別にレースじゃないんだし、信号が青になったら横の車確認してからのんびり発進すればいいだけですもんね。
 あらかじめ一週間ほど真鈴号で重いギアの練習しておいたこともあって、すぐに慣れました。

 先日も自宅のある船橋市からフランス書院編集部のある飯田橋までの片道35キロをテスト走行してきましたが、特に問題なく、また、コスミックカーボンSLの巡航性能の高さもあって以前に比べてかなり楽に往復できました。
 昔は巡航が26〜29キロくらいだったのが、今回は27〜31キロでしたからね。全然無理してないし。巡航時のケイデンスは84くらいかな?

 発進時が19Tで、そこからカシンカシンと18T、17Tに上げるのですけど、ここに18Tがあると変速がスムーズで気持ちいいです。12-25Tだとこの18Tがないんですよねー。
 もちろん、車の流れに乗るために35〜40キロ(あるいはそれ以上)出すときもスムーズに加速できて気分爽快。
 国道14号とか蔵前橋通りは(空いてさえいれば)なかなか快適に走れます。幅寄せしてくるDQNタクシーとか除けばね!(怒)


 なお、ここらへんはド素人・万年初心者の貧脚レベルの話ですので、中級者以上の方は生温かい目で「むふっ」と鼻で笑ってスルーしてくださいませ。


アルテグラ CS-6700 スプロケット
シマノ

 私は旧タイプの6600系ですが、今なら(値段も下がったし)新型の6700系がよろしいかと。
 12-23T(12-13-14-15-16-17-18-19-21-23)を私は使ってます。

コスミックカーボンSL(マヴィック)(その2)

コスミックカーボンSL
マヴィック

 70キロほど走った時点でのインプレ。あくまでも永遠の初心者のぬるい感想です。

横風
 強風の日に走ってみたのですが、やっぱり横風の影響は受けますね。特に突風には注意が必要。前輪がずるん、と持っていかれます。
 ただ、当初懸念していたほどでもないかも。以前のレーシング7でも、横風のときは結構危なかったですからね。
 それと、私は体重があるから軽い人に比べると風の影響を受けにくいということもあります。

平地
 漕ぎ出しはレーシング7に比べると若干軽い印象。ただ、疲れてくるとあんまり変わらない気も。
 低速域は……うーん、やっぱり大きな差は感じませんかねえ。もうちょっと乗らないとなんとも。

 20キロ後半くらいまで加速するときに、「しゅごっ、しゅごっ!」って音が出るんですが、なんか格好良くて好きです。

 面白いのは、31キロくらいから急に前輪が軽く感じられるってところ。相対的に、乗っている人間の空気抵抗が強調されちゃうくらい。
 やっぱり自転車は空気抵抗との戦いなんだなーって改めて思いました。

 30キロから40キロくらいまで加速する際が凄く楽です。ちょっと踏むだけで到達しちゃう感じ。
 そして、そこからさらに先までもぐんぐん行きます。50キロ近くまでは出しましたけど、それでもいくらか余裕ありましたからね。私程度の脚でも。

 40キロくらいの高速巡航が売りらしいのですが、まだ試してませんし……さすがにそのレベルは私には無理じゃないかなぁ、と(^^;


 そこそこの坂(10%前後かな?)も登ってみましたけれど、レーシング7と比べて特に重いという印象はなし。まあ、斜度はそこそこでも短い坂でしたからね。
 全体的に、短い坂であれば、惰性で一気に登れちゃう感じです。
 ああ、でもさすがに坂でのゼロ発進はキツいかも?

 下りは速いです。ぐんぐん行きますし、安定性もかなりある模様。私の腕だと逆に飛ばしすぎて危険(笑)。

硬さ
 前のホイールも硬いって思ってましたが、コスミックカーボンSLはさらにかちかち。他のホイール知らないから比較はできませんけど、私レベルだと硬いと感じました。
 ただし不快ではなく、むしろ頼もしい感じ。
 もっとも、疲れているときには、間違いなくこれが敵になるんでしょうけれど。周囲のコスミックカーボン使いの人たちもみんな同じこと言ってました、「疲れてきたときに牙を剥くぞ」と(笑)。
 快適だけどストレスも溜まる、そんなホイールなんだそうです。


 次は、長距離・長時間乗ってへろへろになったときの感想を書きたいと思います。
 今忙しいから(これ書いてるのも気分転換という名の現実逃避です)、もうちょっと先の話になるでしょうけれど。

コスミックカーボンSL(マヴィック)(その1)

コスミックカーボンSL
マヴィック

 色々悩んだのですが、周囲の詳しい人や店長などの意見も考慮して、これに決めました。

 決め手は、

・ギリギリだったけど予算内
・坂は登らないから重量はそれほど気にしない
・剛性が高い(らしい)
・平地巡航性が高い(これはみんな言っていた)
・見た目がゴツくて好み


 ってところでしょうか。

 あと、お世話になってるショップ(ZUNOW EAST)でメンテもしてくれるので安心ってところもプラス材料。

 RS80もコストパフォーマンスの点から有力な候補だったのですが……知人が先週買っちゃったので、同じのにしてもな……という、ひねくれた理由で今回は見送りました(笑)。


 実際に取り付けると、こんな感じになりました。

由佳里号090519

 ……フルクラムとは合ってたけど、このホイールだとタイヤのブルーはちょっと微妙かも……?
 ただ、写真ではなく実際に見ると、まあ、重厚感があって結構いい感じ(身贔屓あり)。

コスミックカーボンSL

 思ってたよりもゴツいです。もちっと派手なカラーリングでもよかったような気も。

 平地メインになるので、よりスムーズな加速を求めてスプロケはそれまでの12-25T(105)から12-23Tに変更(アルテグラ)。

スプロケアルテグラ CS-6600
12-13-14-15-16-17-18-19-21-23T
シマノ

 軽く走っただけですので、感想はさらりと。ちゃんと乗ったらまた書きます。

・重い部類のホイールだけど、それまで使っていたフルクラムのレーシング7のほうが重量あったので、それに比べると踏み出しは軽い感じ
・特に前輪が軽くなったような?
・ぎゅおんって風切り音?が硬派
・20キロ後半くらいから伸びる?
・下りが速い!
・ブレーキは以前と同じくらい効く
・硬い!?
・踏めば踏むほど伸びる感じなので、ちょっとした坂は問題なく登れる
・でも、脚には負担かかるタイプかも……?
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ