一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

スピーカーケーブル

芋蔓DG(Ge3)

芋蔓DQ芋蔓DragQueen
Ge3

公式サイトはこちら
芋蔓DragQueen(イモヅル・ドラッグクィーン)は、今までの銅線のケーブルでは越えられなかった限界を越える為に開発したケーブルです。
従来のケーブルではSPまで届く事がなかった情報が、芋蔓DQによって初めて届きSPから出てきます。
これまでは何となく雰囲気で聴かせていたポイントもちゃんと分離して聞こえます。
分離して聞こえるとは言っても「わざとらしい高解像度系」ではなく、ナチュラルな風合いを保ったまま、より豊潤な音楽表現として聞こえます。
その変わり様はAudioに興味のない人でも思わず驚いて振り向いてしまう程です。
芋蔓DQで、よりハイスピードで立体的な音楽、よりリアリティーのある音楽をお楽しみください。

 スピーカーケーブルはなんだかんだで色々試してきました。基本的には安価なものですが、高価なものも何度かお借りしたりしてます。まぁ、極端に高価なものはないですけど。欲しくなった場合に手が届くお値段のもの限定です(^^;

 そんな中、現在私のメインシステムで活躍してるのは47研究所の0.4mm単線(&スピーカー側だけ専用プラグ使用。アンプ側はフルテックのロジウムメッキYラグ)です。
 安価だけど高解像度で低音も出るし気に入ってます。
 まあ、細すぎてぶちぶち切れますがね!(笑)

 そんなわけで、今回はこの47研の単線と芋蔓DQ(凄い名前だなぁ)の比較になります。

 まず最初に言っておきますと、これまで使ったスピーカーケーブル、実は結構ハズレが多かったのです。正確に言うと好みじゃないもの、かな。値段に関係なく、「あ、好きじゃない、これ」とパスしたケーブル、少なくないです。面倒だからブログに書いてませんけどね。好みじゃないってわざわざ書くのも失礼だし。

 その点、この芋蔓DQは「好きな音」でした。ここまで書いたGe3製品共通の音(説明しづらいんだよなぁ)ですね。解像度はかなり高いし(今まで試した中では一番かも)、楽しく音楽を聴ける印象。
 見た目はごっついけど軽くて取り回しめっちゃ楽だし(ここ重要)。

 強いて欠点を挙げるなら、末端が単線だからAVアンプなんかに使うにはちょっと大変ってところでしょうか。Ge3さんによると直付けがいいようです。試聴のメインに使ったスピーカーとプリメインにはそのまま接続しました。

 47研の単線は、ぽきぽき折れる点はともかく、音質に関しては特に欠点は感じません。少なくともうちのシステムでは。ニアフィールドでのブックシェルフでなく、大型スピーカーでの大音量だったり、聴く音楽のジャンルが異なればまた話は変わるんでしょうけれどね。
 でもこの芋蔓DQ、47研の単線と比べて劣ってると感じてるところはないんですよね。どことっても互角以上。
 解像度は若干上だし、低音も若干出るし。
 あ、一番違いを感じたのは定位感ですかね。音の出てくる位置がよりはっきりしているって印象。
 それと、音の位置が全体的に高く感じましたし、半歩くらい前に出てくるイメージ。
 極端な差ではないんですが。

 なんだよ、だったら芋蔓の勝ちじゃん、となるのですが、一つだけ重要な点がございます。
 それは……お値段(笑)。
 ここをどう考えるか、ですね。ここらへんは各自の価値観の問題。
 47研のが安すぎるって気もしないではないです。

 あと、芋蔓はもうちょっとハイエンドなシステムのほうがより良さが出そうな予感がしました。
 うちの環境だと真価発揮できなかったかも?

 取り回しが楽なので、可能なら入れ替えてもいいかなぁ、と思うのですが……1メートル2万×2本で4万かぁ……うーん。うーん。以前人から借りたもっと高価なケーブルよりずっと好みの音だし使い勝手いいんだけど……うむむむむ。

スピーカーケーブルあれこれ試してみました

 システムの置き場所をちょっと移動したところ、ケーブルの長さが足りなくなったりしたので、追加購入してみました……お財布に優しい値段の範囲内で!(ここ大切)
 もらいものとか借りたものもあったので、取っ替え引っ替えやりましたよ! もう末端処理は飽きたよ! 当分はもうケーブルいじりたくないです(笑)。

 試したのはこの2つのシステム。

仕事用BGMシステム
・スピーカー……フォステクス GX100(机の上で超ニアフィールド)
・アンプ……Nmode X-PM2F

AV用システム
・スピーカー……デノン SC-CX101
・AVアンプ……ヤマハ RX-V471

 んで、その結果、BGMシステムには吉田苑にて購入したカプトン皮膜AWG24を2本使用し、AVシステムにはハイをAVCTEGY UT-1Q、ローをベルデン 8470のバイワイヤリング接続(で、いいのかしら。間違ってたらこそっと教えてください)になりました。

バイワイヤリングV471はYラグ使えない(これが厳しい……)ので、バナナプラグと裸線で接続。地味に面倒。


 オーディオテクニカのAT6158と8470は甲乙付けがたかったんですが、V471に接続する際のやりやすさで脱落。同様の理由でカナレの4S6脱落。

 以下、短評。あくまでも超独断、私の好みなので注意。他のシステムだとまた全然違った印象になるかと。

カプトン線カプトン皮膜AWG24
細い。めっちゃ細い。低音あまり出ない。でも解像度高い。

UT-1QAVCTEGY UT-1Q
カプトンより扱いやすいし低域も出る。

BELDEN スピーカーケーブル 8470-5mBELDEN スピーカーケーブル

Yahoo!ショッピングはこちら
上の2つに比べると解像度は落ちるけど、取り扱いやすいしお値段もお手頃。

オーディオテクニカ AT6158
8470と同クラス(に私には思える)。低音はこっちかな? 取り回しはかなりいい。

カナレ 4S6
8470、AT6158に似てる。メーター100円前後の値段はコスパ高すぎる。


 我が家のGX100はサイズのわりにどこどこ低音出る代わりに、ちょっと中域が引っ込む感じがありました(セッティングとかアンプ、DACにも影響されるのでこのスピーカーの絶対評価ではないです、念のため)。
 そこで某オーディオメーカーの偉い人に聞いたところ、細いケーブルにしてみたら、とアドバイスをいただいたのが今回のきっかけでした。他にも色々セッティングとかも教えてもらいました。ありがたや。
 確かにケーブル細いほうが低音が控えめになってすっきりしますね。
 逆に、CX101に繋ぐとちょっとすっきりしすぎてつまらない感じになりました。
 ここらへんの組み合わせの違いが、楽しくもあり難しいところなんですかねえ。
 本当はゾノトーンのケーブルも(見た目がカッコよかったし!)考えたのですけど、それはまた今度。いつか買ってみたい。
 アコースティックリヴァイブのものも試しましたが、取り回しがちょっと難しいかな? でもいい音でした。

 ただ、スピーカーの入れ替えもやって気付いたんですけど、ある程度距離とったほうがいいですね、GX100。1メートルくらいは離したいところ。かなり印象変わりました。
 超ニアフィールドのデスクトップ用にはフルレンジにしたほうがいいのかなー……などと、物欲がざわざわし始めたのは秘密です。47研究所の4722が気になる……っ。
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ