一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

ミシュラン

PRO3 RACE(ミシュラン) その2

PRO3 RACE 700×23C
ミシュラン

 交換してから数百キロ走ったので、その感想を。

 多分にプラシーボ効果があるにしても、快適さは明らかに体感できます。
 普通の服装で乗ったときと、パッド付きインナー着用したときとの差、というのが、感覚的には一番近いかと思います。もちろん、そこまで極端ではないにせよ、路面との間に緩衝材があるような快適さがありました。

 路面のいいところを走るときには転がりが軽く感じましたし、曲がるときもくいっとグリップしてくれる感覚がありますね。

 まだ雨の日には経験してないので(できれば走りたくないし、走らないようにしています)、ウェットコンディション下での感想は今回もなし。


 念のため言っておきますが、以上の感想は、あくまでもちんたら街中を走るようなのほほんサイクリストのものであって、レースなどでばりばり攻める人にはまったく役に立ちませんので、あしからず。

PRO3 RACE(ミシュラン) その1

PRO3 RACE 700×23C
ミシュラン

 ホイールの交換を考えてるのですけれど(マヴィックの新型コスミックカーボンSL)、その予算が貯まる前に先にタイヤを買いました。ホイールと同時に換えちゃうと、どっちの性能なのかわからなくなっちゃいますしね。

 そんなわけで、ホイールはフルクラム・レーシング7のまま、タイヤだけ交換することにしました。
 ちなみに、元のタイヤはコンチネンタルのウルトラスポーツ。

 候補はいくつかあったのですが(IRCのレッドストーム、ブリヂストンのエクステンザRR2など)、お店(ZUNOW EAST)に在庫があったのと、派手なものが欲しい気分だったのでこのミシュランのPRO3 RACEを選びました。色はブルーを選択(レッドでもよかったかな?)。

PRO3 RACE

 まったりだらだら走るのが私のスタイルではありますが、それでも「うお!?」と変化がわかります。
 30キロ強をちょろっと走っただけですけど、ギヤ1枚くらい軽く感じますね。実際、信号待ちから発進の際、いつもより1枚重いギヤでも行けました。

 私の場合は、漕ぎ出して1秒後くらいの、18キロから24キロくらいに加速するときに軽やかさを体感できました。もちろん、巡航速度も1〜3キロ程度速くなった……ような気がします。1日だけだからまだなんとも言えませんけれど、少なくとも走りは確実に軽くなってます。

 また、今まではちょっと不快だった道路の段差が緩和されました。マンホールのふたなんかの、あのイヤな感触が和らいだ気がします。

 コーナーは元々そんなに攻めませんが(安全まったりスタイル)、それでも安定感が増した……ような(この点はまだあんまり自信なし)?


 のほほんのんびりと街乗りする私には、この軽さと快適さはありがたいですね。
 あとは濡れたときのグリップと耐久性ですが、これはもっと乗り込んで経験してみないとなんとも。


 以上、初心者オブ初心者のだらだらとした感想でした!

由佳里号090423ちょっとピンぼけ……

初めてのタイヤ交換(ミシュラン TRANSWORLD CITY)

 真鈴号(ラレー・BDC)を購入して1年弱。総走行距離はまだ4000キロ弱ですが、ふとリヤタイヤを見たら……スリックタイヤになってました。
 どうりで最近、たまに後輪が滑ることがあるわけです。
 危険なのでさっさとタイヤ交換するべきなのですが……実は最近、ホイールをショップ(いつものようにZUNOW EASTさん)に注文したばかりだったんです。

 さすがに38のタイヤだと重いから28にしようと思ったのですけど、純正だとサイズ的にダメらしいので、シマノ製ホイールを注文。他に選択肢がマヴィックくらいしかなかったので(5万くらいするから断念)、ある意味楽でしたが。
 シマノの倉庫にも残ってないらしいので、どっかに眠ってるであろう在庫が発掘されるのを待ってます。

 さて、そんなわけで、新しいホイールがいつ来るかわからない状況ですが、事故が怖いので、タイヤを交換することにしました。当然ですね。

「35と32あるけど、どっちにする?」と店長に聞かれたので、「どーせ新しいホイール来たら28にするんだし、今から少しでも細いもので慣らします。32で」。

 どのタイヤがいいかなんてわからないので、素直にプロのオススメに従います。
「これなんかいいよ」と渡されたのが、

ミシュラン TRANSWORLD CITY 700C×32

 チューブもサイズが合わなくなるので、一緒に購入。ちなみに、IRC製。パンク修理用に計3本。

「ここで換えてもいいけど、工賃かかるし、練習になるから。頑張って」と、タイヤとチューブをお持ち帰り。

 数日後、仕事が忙しいのに(現実逃避とも言う)、いそいそと交換を始める私。
 作業の前に、本と動画でしっかりイメージトレーニング。

ロードバイク・ビギナーズ―選び方、詳細メンテナンス、そして安全な走り方まで初めてのロードバイクを100%楽しむための完璧マニュアル (ヤエスメディアムック―Cycle sports (124))

大人のサイクリングビギナーズ―これから自転車生活を始める人に贈る愛車選びから旅行の仕方までのガイド (ヤエスメディアムック 161)

 私は不器用ですが、それでもまあ……1時間半あれば前後輪終わるだろうと見積もって作業開始。

 ……えー……終わったのは……2時間半後でした。ダメ人間。

 タイヤを外すのは、まあ、そこそこスムーズにできたんですよ。
 問題は、タイヤを外すときとハメるとき。チューブは簡単でした。
 もうね、キツいんです、これが。この作業に半分以上時間食いました。

 タイヤレバーの使い方にはどうにか慣れたので、次からはもっと簡単にできるはず。前後輪の一方だけなら、1時間かからないでできるんじゃないかなぁ、と、希望的観測で言ってみたりして。

32タイヤ

 どーにかこーにか完成。
 慣らしが終わるまでは「きゅるきゅる」音が鳴ってちょっとびっくり。

 交換して150キロほど走りましたが、やっぱり軽くなってます。劇的に、ってわけじゃないですが、漕ぎ出しと、20キロ付近での加速がいいですね。あと、ダンシングのときに軽さを感じました。
 巡航速度が1キロくらいアップしたようです。

 余談ですが、サイクルコンピュータの設定変えるの忘れてて、「え! 2キロ以上速くなってる!?」と勘違いしたのは私です。店長に指摘されるまで気づきませんでした。どうりで妙に速すぎる数値だと思った……。
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ