一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

ヤマハ

NR1602(マランツ)

マランツ AVサラウンドレシーバー (学習機能付きリモコン付属)Marantz NR1602/FB
AVサラウンドレシーバー NR1602

マランツ(公式サイトはこちら

Yahoo!の最安値はこちら
 諸般の事情が重なって我が家にやって来たのはこの薄型AVアンプです。
 本当はTVラックに設置したいのですけど、諸般の事情(=散らかっている)でまだ床に置いてます……。

NR1602薄型の意味ねえ!

 レビューというか素人の感想をこれからだらだら書きますが、比較対象は同じエントリークラスのRX-V471(ヤマハ)となりますので、そのつもりでお願いします。
 また、スピーカー構成は2.0chです。スピーカーはCX-101(デノン)
 いくつか試した結果、現在はバイアンプ接続で使用しています。バイワイヤに比べて若干すっきりした音になりましたが、極端には変わらなかったのがちょっと残念。ケーブルとの相性なのかなぁ。

 では、ざっくりと(現時点での)比較結果と感想を。
 基本的に地デジ放送の番組とiPod接続の音楽でのお話です。BDの映画なんかはまだ試してません。

(音質)
 RX-V471のよくも悪くも軽い音と比較すると重厚というか濃い感じ、ですね。
 ソースの音をそのまま増幅してしまうイメージで、粗も目立っちゃうところもあるような。もちろん、いい音はよりよく聞こえる気がします。RX-V471はそこらへん、上手に丸めてたのかもしれません。

 音楽に関しては、解像度がRX-V471よりずっと上です。かなり細かいところまで聴かせてくれるし、ここの音質差が一番の違いですね。

(画質)
 特に差は感じず。

(操作性)
 これは完全にRX-V471の勝ち。かなり違います。
 わかりにくい、というほどでもないですけど、わかりやすくはないですね。ちょっと慣れが必要。
 あと、マニュアルがCD-ROMなのも不便。印刷しましたが、かなりの分量です……。

 iPodのデジタル接続の際、認識まで1分ほどかかるのは同じマランツのNA7004と一緒。
 ただ、RX-V471がほぼ待ち時間ゼロだったので、ちょっと「うーん」という気にはなります。

 全体的なレスポンスに関しては特に不満は感じませんでした。

(機能)
 ネットワークプレイヤーとしての機能はまだ使ってないので評価保留。ただ、RX-V471にはない機能なので、この点はNR1602の圧勝ですね。

(省スペース)
 これも言うまでもなくNR1602の圧勝。
 そもそもこのサイズって、安価なものしかないんですよね。AVプリアンプで薄型出してくれないのかなぁ。需要ありそうな気がするんだけど。

(感想)
 音質と機能、サイズを重視するならば実売価格を考慮してもNR1602はお得なモデルだと思います。
 特にこの薄型タイプは選択肢が少ないので。

 ただ、操作性とか細かい点はもうちょっと頑張って欲しいかな、というのが正直なところ。
 タイマーはあるものの、一定時間信号がなかったら電源切る機能は欲しかったし、リモコンの操作がちょっと直感的にわかりにくかった気はします。……私だけだったらごめんなさい。

 もっとも、腹立つレベルじゃないです。むしろヤマハが洗練されてたと褒めるべきなのかも。


 ちょうどこれ書いてる今日、ヤマハが後継機種(RX-V573、RX-V473)を発表しました。
 特にV573はカタログスペックだけ見るとNR1602とよく似てて、気になりますね。まあ、音に関しては実際に聴いてみないとわからないのですけれど。サイズも違うし


 個人的には、置き場所と予算が許すのなら、次はミドルクラス狙ってみたいと思ってます。
 SC-LX85買えちゃうような売れっ子になりたいです……!

(追記)
 ワットチェッカーで測定しておきました。今頃だけど。1603や1604といった後継はどう変わったのかちょっと気になります。

待機時(HDMIスルーON)……2か3ワット(多分2かな?)
無音時(スピーカー2台接続)……28から31ワット程度
使用時(レコーダー使ったりiPod接続したり)……29から34ワットくらい(Audysseyなんかを使うと1〜3ワットくらい上がる? 音量上げても1ワットくらいしか変わらないっぽい)

ちょっとした実験×2

 以前から気になってることがいくつかあったので、先程小一時間ほどかけてミニ実験をしてみました。

実験1
 まずはレコーダー(パナソニック DMR-BWT2100)とAVアンプ(ヤマハ RX-V471)のHDMIとアナログ出力の音質比較。
 使ったHDMIケーブルとRCAケーブルはどっちも安価なもの。特に後者はなんかの付属品。

 違いは確かにありますが、明確にどっちがいい、悪い、というのは微妙な感じ。
 HDMIのほうがすっきり、RCAのほうが力強い、ようなイメージ。
 HDMIの音声出力カットすると、気持ち音が綺麗になった……気がします。プラシーボの可能性あり(笑)。
 画像はちらっとしかチェックしてませんが、変化は感じられず。厳密には違ってるのかもしれませんが、今回は特に気にしてませんので実際は不明。

 レコーダーがディーガのプレミアムモデルだったりするとアナログ出力の品質が高いらしいので、もっと差が出るのかも。
 RCAケーブルをちゃんとしたものにしたらはっきり違いが現れるような気がして、ちょっぴり物欲が高まってます(笑)。

 ただこのAVアンプ、アナログ入力にした場合はDAC回路すっ飛ばしてくれてるのか不明なんでそこが怖いですが。
 今度調べてみよう。

結論
 費用対効果を考えると現状維持が無難かも。
 お金を投じるなら配線の面も考慮してHDMIケーブルに、あるいは出力2系統のレコーダーにしたほうがいいような。
 今のところどっちも予定(というか予算)なし。
 HDDの容量的な意味でレコーダーを買い替えたいという欲はございます(笑)。

実験2
 今度はアナログ出力をプリメインアンプ(Nmode X-PM2F)に接続して比較。

 これはさっきよりも大きく違います。特に低音。
 今回テストに使ったのは私の実際の利用法に則して(笑)アニメのOPとEDですが、AVアンプだと低音が妙に強調されてぼわぼわして気持ち悪いのに、プリメインだとちゃんとした音になってました。
 ただの低い音とベース音、という違いに加え、音の広がりと奥行き、定位に差がありますね。
 確かにこれだともっと上のクラスのAVアンプが欲しくなるかも。
 私はそこまでこだわらない人だから別に大丈夫ですけれど。多分。多分。

結論
 2ch構成(現在の私はこれ)でHDMIなどのセレクターがあまり必要でない(現在の私はこれ)のなら、リモコン付きのプリメインにするのはアリかも。
 あるいはオンキヨーのこれとか。

ONKYO ネットワークステレオレシーバー (シルバー) TX-8050(S)ONKYO ネットワークステレオレシーバー (シルバー) TX-8050(S)
オンキヨー

 カタログ見ると無音時で50ワットくらい消費するのがちょっと気になるし、デスクトップシステムのスピーカーを47研究所の4737(試聴したらかなり好みでした。唯一にして最大の問題は予算のみw)に変更したらGX100をAVシステムのフロントにして、SC-CX101をリアスピーカーに回せるから、やっぱりAVアンプのほうがいいのかな、とか。

 理想を言えばパイオニアのこれが欲しいんですけど、予算的にどう考えてもアウト(笑)。
パイオニア 9.1ch対応 AVアンプPioneer SC-LX85
パイオニア 9.1ch対応 AVアンプPioneer SC-LX85

パイオニア
 売れっ子になりたーい。

(2012/3/26追記)
 アナログ接続した状態だとどうも色々な面で強調された音になるし、なんか気になったのでその後も調査。
 ってか……試してみたらアナログで繋いだときでも音がいじれちゃったんで、調べるまでもなかった(笑)。
 念のため問い合わせたところ、やっぱり再度デジタル〜アナログ変換してるとのこと。
 そんなわけで、当面はHDMI接続のままでいきます。
 光接続は一度やったのですが、安物ケーブルだったせいか特に大きな変化なし。

スピーカーケーブルあれこれ試してみました

 システムの置き場所をちょっと移動したところ、ケーブルの長さが足りなくなったりしたので、追加購入してみました……お財布に優しい値段の範囲内で!(ここ大切)
 もらいものとか借りたものもあったので、取っ替え引っ替えやりましたよ! もう末端処理は飽きたよ! 当分はもうケーブルいじりたくないです(笑)。

 試したのはこの2つのシステム。

仕事用BGMシステム
・スピーカー……フォステクス GX100(机の上で超ニアフィールド)
・アンプ……Nmode X-PM2F

AV用システム
・スピーカー……デノン SC-CX101
・AVアンプ……ヤマハ RX-V471

 んで、その結果、BGMシステムには吉田苑にて購入したカプトン皮膜AWG24を2本使用し、AVシステムにはハイをAVCTEGY UT-1Q、ローをベルデン 8470のバイワイヤリング接続(で、いいのかしら。間違ってたらこそっと教えてください)になりました。

バイワイヤリングV471はYラグ使えない(これが厳しい……)ので、バナナプラグと裸線で接続。地味に面倒。


 オーディオテクニカのAT6158と8470は甲乙付けがたかったんですが、V471に接続する際のやりやすさで脱落。同様の理由でカナレの4S6脱落。

 以下、短評。あくまでも超独断、私の好みなので注意。他のシステムだとまた全然違った印象になるかと。

カプトン線カプトン皮膜AWG24
細い。めっちゃ細い。低音あまり出ない。でも解像度高い。

UT-1QAVCTEGY UT-1Q
カプトンより扱いやすいし低域も出る。

BELDEN スピーカーケーブル 8470-5mBELDEN スピーカーケーブル

Yahoo!ショッピングはこちら
上の2つに比べると解像度は落ちるけど、取り扱いやすいしお値段もお手頃。

オーディオテクニカ AT6158
8470と同クラス(に私には思える)。低音はこっちかな? 取り回しはかなりいい。

カナレ 4S6
8470、AT6158に似てる。メーター100円前後の値段はコスパ高すぎる。


 我が家のGX100はサイズのわりにどこどこ低音出る代わりに、ちょっと中域が引っ込む感じがありました(セッティングとかアンプ、DACにも影響されるのでこのスピーカーの絶対評価ではないです、念のため)。
 そこで某オーディオメーカーの偉い人に聞いたところ、細いケーブルにしてみたら、とアドバイスをいただいたのが今回のきっかけでした。他にも色々セッティングとかも教えてもらいました。ありがたや。
 確かにケーブル細いほうが低音が控えめになってすっきりしますね。
 逆に、CX101に繋ぐとちょっとすっきりしすぎてつまらない感じになりました。
 ここらへんの組み合わせの違いが、楽しくもあり難しいところなんですかねえ。
 本当はゾノトーンのケーブルも(見た目がカッコよかったし!)考えたのですけど、それはまた今度。いつか買ってみたい。
 アコースティックリヴァイブのものも試しましたが、取り回しがちょっと難しいかな? でもいい音でした。

 ただ、スピーカーの入れ替えもやって気付いたんですけど、ある程度距離とったほうがいいですね、GX100。1メートルくらいは離したいところ。かなり印象変わりました。
 超ニアフィールドのデスクトップ用にはフルレンジにしたほうがいいのかなー……などと、物欲がざわざわし始めたのは秘密です。47研究所の4722が気になる……っ。

RX-V471(ヤマハ) その3

ヤマハ AVレシーバー (ブラック) RX-V471(B)AVレシーバー RX-V471(B)
ヤマハ(公式サイトはこちら
Yahoo!の最安値はこちら
 早速ワットチェッカーを使って消費電力を測定してみました。
 条件によって結構上下しますし、かなり大雑把な測定なんで、あくまでも参考程度でよろしくです。

 なお、我が家の環境は、HDMI接続機器3台、スピーカー3台です。

 では、測定結果。

・HDMIスルー設定時の待機状態……0〜1w
・HDMIスルー使用時……2w
・無音時……33w
・通常使用時……36〜37w
・iPodデジタル接続時……33〜38w

 ダイレクトモードにすると1、2w低くなるようです。
 もちろん音量などによっても変わりますので、これは我が家でのケースとなります。

 ちなみにHTX-22HDXだと、

・HDMIスルー使用時……9w
・無音時……32〜34w
・使用使用時……35〜40w

 だから、通常使用時はほぼ変わりませんね。HDMIスルー時はかなり違いますが。
 正直なところ、もうちょっと低いかな、とか思ってましたが、それは高望みでしょう。

 あ、そうそう、起動時は瞬間的に65wくらいになってました。本当に一瞬なんでしょうけれど。

 通常使用時の発熱はHTX-22HDXとあまり変わらない印象です。が、ファンの音がしないので静か。
 あと、HDMIスルー時は触ってもわからないくらい発熱してませんね。

RX-V471(ヤマハ) その2

ヤマハ AVレシーバー (ブラック) RX-V471(B)AVレシーバー RX-V471(B)
ヤマハ(公式サイトはこちら
Yahoo!の最安値はこちら
 設置して約一週間が過ぎましたが、忙しくてまだ細かい設定いじったり、色々な機能は使ってません。
 ただ、HDMIセレクター・iPodデジタル接続機能に関してはほぼ毎日使用してますので、今回はそこらへんの感想・レビューを。

 まず電源を入れなくても使用可能なHDMIセレクター機能。
 これ……便利ですね、本当に。メーカーが売りの一つにしてるのも納得です。
 私は現在、CATV・BDレコーダー・PS3の3つを接続してますが(ここにXbox360も追加予定)、本体の電源を入れずにこれを切り替えられるのは楽です。

 そして、これまたセールスポイントであるHDMIスタンバイ時の省エネ(1.2W以下とのこと。後日測定予定)の恩恵か、HTX-22HDXと比べてスルー使用してるときでも本体が熱くならないのは精神衛生上、助かります。
 もちろん、通常使用時はそこそこ発熱しますけど、気になるほどじゃないかと。

 次にiPodデジタル接続機能について。
 私はほぼ毎晩、音楽流しながら寝るのですけど、これまではNA7004〜HTX-22HDXというシステムでした。
 これがRX-V471単体で実現できるのは楽です。楽ですが……あくまでも私の主観で言わせてもらえば、以前のシステムのほうが音は好きです。
 RX-V471に問題があるというよりかは、NA7004のDAC性能が高い(私の好みに近い)、というのが正しいかと。
 NA7004は現在、PC周りのシステム変更テストでUSB-DACとして別の場所にあるため、RX-V471との組み合わせは試してません。いい音になるんじゃないかと期待していますが。

 そうそう、BGMとして流す際に、せっかくだからDSP機能も試してみました。かなり音が変わるんで、これはこれで楽しいですね。基本はダイレクトモードですけど、素っ気なく感じるときは他のモードにして遊んでます。

 あ、途中で寝ちゃっても電源を切ってくれるオートパワーオフ機能もありがたいですね。朝、ちゃんと電源オフになってました。


 話は変わりますが、設置の際、バカやっちゃいまして(^^;
 この機種って、裸線かバナナプラグにしか対応してないんですね、スピーカーケーブル。
 最近まとめ買いしたYラグ端子圧着してから気付きました……。
 現在は裸線ですが、今度バナナプラグ買います、はい。

RX-V471(ヤマハ) その1

ヤマハ AVレシーバー (ブラック) RX-V471(B)AVレシーバー RX-V471(B)
ヤマハ(公式サイトはこちら
Yahoo!の最安値はこちら
 HDMIセレクター兼就寝時のBGM用アンプとして活躍していたHTX-22HDXの後任として、ヤマハのエントリークラスAVアンプが我が家にやってまいりました。

RX-V471取り敢えず箱から出したところ
RX-V471放熱口

 このモデルを選んだ理由はいくつかありまして、

・HDMIスルー時の消費電力が低い
・本体の電源オフのままでHDMIセレクター機能が使える
・HDMI端子が4つある
・知人勤務のお店で取り扱ってた(笑)
・iPodデジタル接続可能


 ここらへんが主なところです。私の用途としてはほぼベストだったし、安かったので。
 HTX-22HDXでも特に大きな不満はなかったのですが、ファンの音やHDMIスルー時の発熱がちょっと精神衛生上よろしくなくて……。
 あ、通常使用時は別に気にならないんですよ。ただ、寝るときは本体の近くに頭が来るため、ファンが回ってると少し気になるなーと。その程度。熱も、特に問題ないレベルです。私が神経質なだけかも。
 
 また、HTX-22HDXを別の用途に流用するという理由もあります。
 現在、PCオーディオ用のシステムを変更しようか悩んでるのですが、DACとアンプ、両方一度に買うのは予算的に厳しすぎるので、まずはどっちかだけ、となります。
 アンプを先に入れ替えた場合はNA7004が当面のDACとなります。
 そしてDACを先に買ったときはHTX-22HDXを臨時のアンプにしようと考えたわけです、はい。

 どっちのパターンになるか、あるいはRUA220のままでいくのかは、近日中に候補のアンプが2台届きますので(試聴用にお借りしました)、その結果次第ですね。
 アンプで(私の好みの方向に)大きく音が変わるようならこっちが先になりますし、HTX-22HDXと比べて(費用対効果的な意味も含めて)そう違わないのだったら先にDACの入れ替え、予算が確保できなかったら(これが一番ありそう(^^;)RUA220、という感じです。

 RX-V471に関してはまだそんなに使ってないので(色々試したり比べたりはしてますが)、ある程度時間が経ってからまたレビュー(というかただの感想)書きます。消費電力もまだ計測してないし。

 ただ、ざっと使ってみた感じですが、なかなかいいですね。
 HDMIスルー時でも熱持たないようだし、電源入れないでもCATV・レコーダー・PS3・Xbox360を切り替えられるのは便利。
 iPodも接続してすぐに使えるし(NA7004は1分くらい時間が必要)。

システム変更をたくらむ

 私は夜、音楽を聴きながら寝ることが多いのですが、ヘッドホンだと枕にぶつかって寝返りも打てないし、イヤホンだと疲れるし耳にもあんまりよろしくないので、最近はテレビ用のスピーカーから音を出しています。
 システムは、

・iPod
NA7004
HTX-22HDX
SC-CX101


 です。
 バランスが明らかにおかしい(笑)。

 でもこれ、結構いい音なんですよ。特にスピーカー。まだ全然セッティング詰めてないんですが、リラックスして聴くには凄く適した感じの音です。
 もちろん、iPodのデジタル出力&NA7004のDAC性能も大きいと思いますが。

 問題はiPodのプレイリストを更新するためにいちいちPCに接続しなきゃいけないこと。
 ただこれは、近い将来NASを導入する予定なのである程度は解決できるかも。ようやくNA7004を本来の用途に使える(笑)。でも、コントローラーがないんですよねえ。無線LANもスマートフォンも持ってないんで。うむむ。

 あと、気温が上がってきたこともあって、HTX-22HDXの発熱とファンの音がちょっと気になってきました。
 発熱は問題あるレベルじゃないし、ファンも音を出しちゃえば聞こえなくなるんですが、精神衛生上よろしくないのです。HDMIスルー時の消費電力もそれなりにあるようですし。
 今度ヤマハから発売されるAVアンプのエントリーモデルへの買い替えを検討してます。

ヤマハ AVレシーバー (ブラック) RX-V471(B)AVレシーバー RX-V471(B)
ヤマハ(公式サイトはこちら
Yahoo!の最安値はこちら
 これ狙ってる理由は、

・安い
・HDMIスルー時の消費電力が低い
・HDMI端子が今より1つ増える
・iPodのデジタル接続対応


 あたりですね。
 本当はミドルクラスにも興味あるんですが、それは徐々にステップアップしていけばいいかな、と。今回は消費電力とコストパフォーマンス重視で。

 まあ、本当に買い替えるかはまだ確定してませんけどね。新刊の部数が少なかったら回避します(笑)。

 もう一つ買い替えを考えてるのがPCオーディオ用のアンプとDACです。
 実は先日、お試しでNA7004のUAB-DAC機能を試してみたんですよ。
 PC〜NA7004〜HTX-22HDX〜GX100という接続で。
 これがねえ……伸びやかですっきりした音なんです。軽やかで、音の広がりがある感じ。
 ここらへんは好みの問題も大きいんでしょうけどね。
 でも、当然こう考えますよね、「ちゃんとしたアンプで鳴らしたらどうなるのかな?」と。

 現在はRUA220を使ってるんですが、別のアンプやDACでGX100鳴らしてみたいな、と思い始めました。
 RUA220はこれだけで完結しちゃってるシステムなんで、やるとしたら入れ替えるしかないのがネック。わかってて買ったんですけど、やっぱり色々いじりたくなるんですよねえ。実はACアダプタは交換してるんですが。こそっと。
 せめてUSB以外のデジタル入力あればなー。

 現状の私の利用状況はCDからリッピングした音源が大半なので、標準ドライバで動かせるUSBオーディオクラス1.0に戻すのもアリ、かも?
 実際、NA7004のDACの音は綺麗でしたからね。

 ただ、RUA220もいいんですよねー。Windows7にオーディオクラス2.0の標準ドライバが来たら一気に使い勝手よくなるだろうし。小型デジアンは本当に便利だし。発熱も消費電力も少ないし。

 AVアンプ買ったら、もう一度NA7004と接続して試してみます。
 もしもそれがRUA220より好みの音だったら、標準ドライバが来るまでは別のシステムにする……かも?

 とか言いつつ、すでにアンプの下調べをしてるのは秘密。買うかどうかは微妙ですけどねー。お財布的な意味でも!
 仕事落ち着いたらいくつか視聴してみます。
 メジャーどころではマランツやデノン、デジアンならオンキヨー、面白そうなところではATOLL、予算が確保できればソウルノートかNmodeに興味津々。
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ