RME Babyface USBオーディオインターフェイスBabyface
10イン/12アウト 24bit/192kHzサポート USBバスパワー対応 オーディオインターフェイス
RME(公式サイトはこちら

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

 長時間スリープさせるとき(寝るときが多い)には精神衛生上Babyfaceの電源落としたい。
 ただそれだけのために散財&苦労したという話を続けます(笑)。

 エルサウンドの分離式を数あるUSBケーブルの中から選んだのは、最悪、互換電源のスイッチを使おうと考えていたためです。
 長さとか値段だけで言えばオヤイデとかの選択肢もあったわけですからね。うちのシステムと私の耳じゃたいして区別つかんだろうし(^^;

 んで、年末の大仕事(コミケとも言う)を切り抜けたご褒美と自分を誤魔化してゲットしました、これ。

互換電源USB互換アナログトランス電源
エルサウンド(公式サイトはこちら

こちらでも購入可能(私もここで買いました)

 エルサウンドの電源ならデータ専用USBケーブル汎用版があるじゃん、こっちのほうが安いじゃん、という指摘もあるかと思いますが……実は一度試して失敗してるんです。
 エルサウンドさんに試聴機借りたところ認識してくれなかったんですよね。
 このときは社長さんが原因調べてくれるってんでBabyfaceを送ったところ、200mAじゃ足りない、USB互換電源だとちゃんと動いた、ということだったんで。

アナログ電源USBケーブルの電源側を互換電源に接続

 このアナログ互換電源はUSBと同じ規格らしいので、今度はちゃんと動作しました。
 そして、本来の目的である(私の狙いのほうが邪道すぎるのよね)音質向上なったかというと……なりました。最初聴いたとき、「え?」と驚くくらいに。
 まあ、正直言うと「厳密に聴き比べると変わるって程度だろうなぁ。それよりもスイッチでオンオフ切り替えられることのほうが大事」とか侮ってたんで、そのせいもあるんでしょうけれど。

 この記事を書くにあたって先程、ざっと何曲か互換電源あり・なしで聴き比べたんですが、やっぱり違いました。一番の違いは、音に力が出たことでしょう。特に低音。
 続いて定位、って言うんですか(よく知らない)、ヴォーカルの位置がしっかり固まった感じがします。PCのUSB端子だと「ここらへんに口がある」ってのが、互換電源にすると「ここに口がある」って方向性に変化。
 あと、全体的にすっきりした音になりましたね。もやっとしたのが薄れた印象。
 解像度は多少上がったって程度かなぁ。これは気のせいかもしんないです。

 念のため書いておきますが、これはあくまでもうちの環境と私の主観なんで、参考程度にしてくださいね。

 ……話はここで終わりません。
 実は一つ問題が発生したのです。
続きを読む