一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

HDB-CHR70v2

除電(その4)

その3から続く)

 取り敢えず除電は一段落したと思ったのですが、白須さんからリーフ貼りというものがあるという悪魔の囁きを受け、チャレンジしてみました。
 仕事の合間に実験的にやったので途中で手抜きになってますが、まあ、うん、見逃してください。

除電GX100のフレーム部にコアブリッドBを張ってあります
HDB-CHR70v2こっちはHDB-CHR70v2

 ここまでかなり除電はやったつもりなので、本音を言うともう変わらんよな、とは思ってました。
 実際、張った直後は「うーん、ちょっと変わった、かな? んん?」という程度。
 ただ、除電はすぐには効果が出ずに、じわじわ変わるケースがあるとわかってるのでしばらく様子見。

 結論から言いますと、若干ではありますが変わりました。変わった、と思います。多分。駄耳なんで、いつものように自信なし!

 傾向としてはこれまでの除電と近い印象ですかねえ。つまり、中低音が出て、全体的にすっきりはっきりした感じの音。
 今回はほんの少しだけ、聴きやすくなった、ような、気がしない、でもない?


 話はちょっと変わりますけど、最近、以前よりアンプのヴォリュームを上げてるんです、私。
 昔は耳に痛いというか、うるさいと感じてた音量でも平気になってるのは、もしかしたら除電効果なのかもしれませんね。
 別に聴覚に異常があるわけじゃないので、念のため(笑)。

除電(その3)

その2から続く)

 ケーブル類にだいたいコアブリッドBを巻き終えたことで取り敢えず満足したはずの私でしたが(最初ほどの激変がなくてちょっと飽きたってのもある)、白須さんのブログ読んでたらつい、さらに踏み込んでしまいました。
 ちょうどこの頃、仕事がすっげぇ大変で、現実逃避の意味合いも強かったような……。

 ターゲットは、デスクトップ用(現在はAV用に移動)に導入したすぴ研のフルレンジスピーカー、HDB-CHR70v2

 実際は4、5回に分けてちびちびいじったんですが、結果的には以下のように手を加えました。

・ユニットやキャビネット、内部配線などにアンチスタHを塗布
・内部配線やユニットにコアブリッドBを貼る
・ユニットにタワシを巻く
・吸音材の一部をJODEN特殊中綿に交換

 真夜中にね、こつこつとやってたんですが、今から思うとあれ、どう考えても仕事からの逃避でした……。

吸音材吸音材変更
ユニットユニットもこんな有様

 結論を言いますと、これ、相当に大きな効果がありました。正しい方向かどうかはわかりませんけど、私としては好みの変化。
 上記4つの項目、どれも結構な効果だと思いました。
 吸音材に関しては、すぴ研さんが最初に使ってたのと同じ分量にしてあります。
 以前から興味があった吸音材ゼロも試してみましたが、耳にきんきん突き刺さる感じで即座に却下(笑)。

 これらの結果、元々解像度の高いスピーカーとは感じてましたけど、より繊細な音が聞こえるようになりました。
 ただ、実は一番変わったのは中低音のアップ。
 いじくってから数日〜十日間くらい、じわじわ中低音が増して来たのにはびっくりです。
 計測してないので、周波数的にフラットなのかはわかりませんがっ。なにしろ初心者なのでそこらへんはご勘弁を。
 もうちょっと吸音材増やしたほうがよかったかな、と最近は思ってますが、面倒なのでそのまま放置。

 自宅システムはあらかた除電やったので、現在は止まってます。
 だって、これ以上先はイオン化とかしかないじゃん(笑)。白須さんのブログ読んでるとえらいことになってて、さすがにもう無理(笑)。
 読む分には最高に面白いんですけどね!

 そうそう、最近、友人宅のシステムにもちょびっと除電やってきたんですが、効果が出て喜んでくれました。
 まだフェルト余ってるので、興味がある友人知人は私にご一報を(笑)。

HDB-CHR70v2(すぴ研)

HDB-CHR70v2HDB-CHR70v2 ゴールドユニット
すぴ研

詳細はこちら

 諸般の事情でデスクトップシステムのスピーカー、これに変更しました。

 すぴ研さんの室長さんとあれこれ相談した結果、70センチという超ニアフィールドならAlpair7 v3ユニット搭載のHDB-ALP7ではなくこちらの廉価モデルのほうがいいんじゃないか、ということでした。

 それまで使ってたGX100(現在はAVシステムのフロントとして活躍中)と最低でも同等じゃないとヤダ、という私の要望に応えられたのでしょうか、このフルレンジスピーカーは。

HDB-CHR70v2本当はもっと壁やディスプレイから離したいのですけど、現状、ちょっと難しいです。
セッティングは三角定規を使っての30度の内振り。
多分、ミリ単位の精度ができてる……はず。多分。
HDB-CHR70v2ケーブルは47研の単線。
今まで使った中では一番好きな音。
ただし、今まで使った中では一番ぱきぱき折れる(笑)。

 以下は、偏ったジャンルを、あまりよろしくない環境で聴いたという条件の中における素人の感想というか戯言ですので、そのつもりでよろしくです。

 全体的な印象としてはこんな感じでしょうか。

・解像度は高く、繊細な音もしっかり拾ってくれる。
・人間の声が生々しい。女性はもちろん、男性ヴォーカルもセクシー。
・きらきらした感じの音が目立つ。少しだけ華やかか。
・中低音もちゃんと出てるし、押しつけがましくない。
・ここから音が出てる、とかなりわかる。曲によっては指で示せるくらい。

 GX100とは全然異なる傾向の音なので単純比較はできませんが、敢えて違いを羅列すると……

・解像度の高さは互角くらい。ただ、聞こえ方は結構違う。
・低音のエネルギー感はGX100が上。
・超ニアフィールドだと音の位置はHDB-CHR70v2のほうがはっきりわかる。
・華やかなHDB-CHR70v2、クールなGX100って感じ。強いて言えばね。強いて。

 同じように音を拾ってんだけど、強調するところがそれぞれ違うのかなぁ、というのが素人のテキトーな意見です。好みの問題も大きい。
 ヴォーカルが前に出てくる感じはHDB-CHR70v2かなぁ。低音の量(質じゃないよ)が欲しい人はGX100のほうがいいかも。

 ヴォーカルの気持ちよさと定位がニアフィールドに合ってるし、気のせいかGX100より細かい音が聞こえて好みなので、現在もデスクトップで活躍中です。
 コストパフォーマンス高いし、好みや条件さえ合うならオススメのスピーカーかと。

 あ、以前試聴した47研の4737との違いですけど、あのときとは全然セッティング違うし機材もちょっといじってるので単純比較はできません。
 でも、全体的な印象は同じフルレンジからでしょうか、HDB-CHR70v2とよく似てます。あ、あの(傾向の)音だ、って思いましたから。
 低音とエネルギー感が4737のほうがあったかなぁ、という気がしないでもないですが、そこらへんはセッティングの差かも。値段も違うし、という思い込みも否定しません(^^;

 Alpair7 v3モデルも聴いてみたいなー、と今は思ってます。もちろん4737も欲しいし。
 頑張ってお仕事しよう。ヒット作出ないかなぁ。マジで。マジで。


(試聴に使った曲)続きを読む
livedoor プロフィール
あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ