一日一書〜青橋由高の限りない物欲

 売れない小説家・青橋由高が物欲(主に書籍と自転車関連)に任せて集めまくった品々をひたすら羅列するブログ。

腕時計購入計画(その5・4年経過したオシアナス)

その4から久々に続く)

 前回の記事をアップしてからもう4年半くらい経つのに、いまだに「オシアナス」「カシオ」といった検索ワードで訪問してくれる方が少なくありません。
 かつての私と同じように「シチズンのアテッサとカシオのオシアナス、どっちがいいか」と悩んでる方も多いようですね。わかるわぁ……。

 その後の私は新しい腕時計欲しいと思いつつも、まだこのオシアナス1本のみです。
 次はやっぱりカンパノラだよな、とか、黒文字盤のフォーマルなものを先に買わなきゃいけないからオメガとかの機械式で1本いくかとか、いやいやだったらザ・シチズンでもいいじゃん、グランドセイコーでもよくね?、等々、相変わらずの迷える子羊状態。
 っつーか、そもそも予算ないです、はい。色々と他に買うものが多くって。

 さて、そんなわけであれからもずっと活躍してくれたオシアナスの現在の様子をみなさんにお伝えしたいと思います。写真が下手なのでわかりづらいでしょうが、そこはそれ、フィーリングでよろしく。
 考えるんじゃない、感じるんだ!

オシアナス全体像
オシアナスバンド部分
オシアナス正面から
オシアナスちょい斜めから
オシアナス同じく斜めから
オシアナス裏から

 フラッシュ焚くと反射が凄いので、ちょっと薄暗い写真が多くてすんません。
 でも、基本的にそんなに傷はついてないと思います。結構ラフに扱ってんですが。あちこちにがつがつぶつけちゃってるし。

 ガラスには目視では全然傷は見当たりません。
 バンドには小さな傷がいくつかありますけど、目立つ程じゃないですね。むしろ愛着が湧きます。
 特別な手入れはしてません。汗をかく時期なんかは水でじゃばじゃば洗って、あとはタオルとティッシュでちょっと拭くって程度。買った当初は結構ちまちま磨いてましたけどね(笑)。

 さて、さすがにこのモデルもとっくに生産中止になってます。
 オシアナスの新製品もちまちまチェックしてますが、気になってるのはここらへんですかね。



 10周年記念モデル。こういう限定品に弱い私(笑)。
 発売前なので、もちろん実物は知りません、はい。



 デザイン的にはこっちが好き。黒と青って組み合わせがたまらんです。
 こっちは実物見たことあります。写真よりカッコいいですよー。

ThinkPad T440s(レノボ)その4 総括レビュー(追記あり)

その3から続く)

 手元に届いてから2週間ほど、なんだかんだで10日間くらいはそれなりに使い込んだので、ひとまず現時点での感想をまとめてみたいと思います。今後、印象が変わったりしたらまた書きますけど。

 タイトルにはレビューなんて書きましたが、私にそんな大層なものは無理なので、ただの個人的な感想をだらだら並べてるだけとと思ってください。ノークレームでよろしく!(最初から逃げ腰)


 まずはスペックについて再確認。

・インテル Core i5-4200U プロセッサー (1.60GHz)
・Windows 8.1 (64bit)
・14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS)、タッチなし
・インテル HD グラフィックス
・8GB PC3-12800 DDR3L (4GBオンボード + 4GB)
・日本語キーボード(バックライトなし)
・指紋センサー
・カメラなし
・500GのHDD(256GのSSDに自分で換装済み)
・スマートカードリーダーなし
・3セルリアバッテリー
・45W ACアダプター
・インテル Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth 4.0

<処理速度>
エクスペリエンスインデックスエクスペリエンスインデックス

 一番下位のCPUを選んだのだけど、メインで使ってるデスクトップと比べてすべての数値で互角か上回っているという事実にちょっとばかりショック。当然、Z61mとは比べものになりません。
 私の用途だとほとんど重い処理はしない(文章作成がメイン)こともあり、使っててストレスはほとんど感じません。もちろん、SSDの威力も大きいと思われます。

SSDのベンチマークSSDのベンチマーク

 4Kの数値がちょっと低い気がしますが、初めてのSSDだし、HDDとは全然違う、ということしかわかりません。確かにこれはもう戻れなくなりますなぁ。
 おかげで今、デスクトップ使ってるときのほうがストレス感じます……。

<ディスプレイ>
 ネットで調べてみると、AUO製のパネルは素晴らしい出来で、LG製はよろしくないとのこと。比較画像(動画だったかな?)もあったような。
 こればっかりは運なので神様に祈りつつ注文しました。ただ、多分LG製だろうなぁ、という予感もしてたので、半分諦めてました。
 で、実物ですが、さすがに綺麗です。ThinkPadなのに綺麗だ(笑)。視野角もばっちり。
 14インチでフルHDだから文字が美しく、仕事(エロ小説書いてます)してても気分がいいです。さすがに新しいX1Carbonには負けますが、通常の用途ならこれでだいたいの人は足りるんじゃないかと。

 あ、それでどこのメーカーのパネルだったかですが、さっき調べたらAUO製でした!
 そんなわけで、あくまでもAUO製パネルの評価ということでよろしく。LG製が本当にハズレなのかも私にはわかりません。改善されてるといいんですけどね。

<キーボード>
 一番こだわったところがここ。このキーボードだからこそThinkPad買ってるのです。
 私は比較的強めに打鍵するタイプということもあり(そして親指シフター)、X系よりもT・W系のようなストロークの深いキーボードが好きです。
 これまで使ってたZ61mよりも浅くなってるのですけど、そんな印象はないですね。底がしっかりしてるので、気兼ねなく入力できます。

 アイソレーションタイプはこれが初めて。でも違和感なく、むしろ以前のものより心地よく打てます。
 ここらへんの感想は好みの問題もあるでしょうが、個人的にはかなりの高得点。原稿用紙にして100枚分くらいT440sで書きましたけど、気のせいか普段より速度も上がってるような。
 もっとも、あくまでもノートとしては、という話。普段使ってる東プレのキーボードのほうが上位の評価。
 ただし、ノートの範疇に限るならほぼ文句なし。こんだけ気持ちよく打てれば満足です。

 BSキーとDeleteキーの位置はちょーっとまだ戸惑ってる段階ですが、ま、これはそのうち慣れると思います。
 PageUpとPageDownも同様。機能的にはこの位置のほうがいいんじゃないでしょーか。

<トラックポイント>
 ThinkPadのアイデンティティーであるトラックポイントは薄型タイプ。以前は別のタイプ使ってましたが、それほど違和感なく、すぐに慣れました。
 これがなくなったらThinkPad買う理由の半分くらいは消えますねぇ。

<5ボタンクリックパッド>
 問題はこいつ(笑)。けれど、初めて店頭で触ったときの超絶ネガティヴな印象はなくなりました。もしかしたら若干改良されてるのかもしれませんし、ただの個体差の可能性もあるのかも?
 確かに以前の物理ボタンに比べるとぱこぱこ音がするし、いくらか重いです。
 トラックパッドが広いというのは確かにメリットもあります。実際、二本指スクロールとか、すっごい便利。
 けれど私個人の使い方だと、物理ボタンのほうが好きです。間違いなく。

 ただし、現行のこいつでも合格点はあげてもいいと思います。100点満点で60点とか65点くらい。
 物理ボタンが独立してたら90点はあげちゃいますが!

 私は設定をいじって「トラックパッドなし・センターボタン大」等にしてます。初期設定よりは以前のフィーリングに近づくかと。

 そうそう、買った当初は右クリックがうまくできずにかなりイライラしました。なんでか左クリック扱いになるんですよ。設定いじりまくってもダメでどうしたものかと悩みましたが、理由は単純でした。私、親指の爪の部分で押してたんですね。
 物理ボタンならこれでよかったのですけど、トラックパッドだから認識されてなかったわけです。しばらくは意識して爪でなく、皮膚の部分で押すようにします。

<バッテリー>
 ディスプレイを真ん中より明るめ、Wi-Fiオフの状態でテキストエディタで原稿書くという、比較的負担の少ない状態で使用したところ、だいたい1時間で20%くらい減りますね、外部バッテリー。
 ちなみに私はしきい値いじって、80%を上限にしてます。
 内部バッテリーはできるだけ使わないようにしても3、4時間くらいは稼働できる計算。実際、ファミレスで仕事してても3時間は楽勝です。4時間も大丈夫かと。まだそこまで試してませんが。
 内蔵バッテリーを使ってもいいわけですしね。

 外部バッテリーがどれくらいで劣化するのかも興味あります。まぁ、1年フルに使えればいいです。バッテリーは消耗品ですから。

 劣化したときにどうなるかは未知数ですけど、現状、思っていたよりも稼働時間長いな、という印象です。

<総評>
 期待していたとおりのディスプレイ、
 期待以上だったキーボード、
 不安ほどではなかったクリックパッド、
 期待ほどではなかったけれど不安ほどでもなかったバッテリー、という感じでしょうか。
 大きなマイナスはありません。大きなプラスはあります。トータルではもちろんプラス。
 あくまでも私のちょっと特殊かもしれない用途では、という但し書きはつきますが、買ってよかった、というのが偽らざる本音。いい買い物したと思ってます。

 まあねぇ、前のモデルが2006年に買ったZ61mだから、という点は差し引いたほうがいいかもしれません、あるいは。
 それを踏まえても私の中では高得点。トータルで80点くらい、いや、85点くらいあげてもいい気がします。コストパフォーマンス含めて。総額で13万弱(25%オフクーポン使用)でこれなら文句なし。X1Carbonも視野に入れてたから余計に。

 不満点はソフト関係。特に省電力マネージャーがwin8系では使えないのは致命的。
 POWERってアプリが代替なのでしょうが、細かいところが全然いじれないのは心底がっかり。
 レジストリいじるとその数値に対応して表示が出るから、ちょっと改良すればいいだけだと思うんですが。
 この点に関してはサポートに電話して聞きましたけど、現状、対応の予定はない(サポートに連絡が来てないだけの可能性もなくはない)とのこと。要望が多ければもしかしたら……とかなんとか。頼みます、ホント。
 できれば内蔵と外付け、別々にしきい値いじれるようにして欲しいです。

 あ、そうだ、内蔵バッテリーの交換が修理扱いになっちゃうのはやっぱりThinkPadとしてはマイナスですね。
 交換費用は3万くらいらしいから(X1Carbonも同じくらいっぽい)金額的には許容範囲。でも修理に出すのは面倒だし、自己責任でいいからユーザーが交換できるようにして欲しかったです。

 あと、3セルタイプと6セルタイプの中間サイズの外部バッテリーあるとよかったかも。
 私はキーボードに傾斜がないほうが好き(手首に負担がかからない)だから6セルバッテリーは回避しましたけど、あの大容量は確かに魅力。
 その分、ホットスワップに対応してるから、これはこれで便利だと思いますが。

 納期はもちっとなんとかしてもらえるといいかなぁ。
 多少価格が上がってもいいから、NECの国内工場で組み立てしてもらえませんかね。ThinkPadのフラッグシップラインだけでも。


 以上、だらだらと書きましたが、基本的には「買ってよかった」です。




(2014/04/16追記)
 手元に届いて1ヶ月が経ちました。ほぼ毎日、週に4〜6回ほど外(ファミレス)に持ち出して、2〜4時間、小説執筆に使っております。
 トラックパッドは「トラックパッドのみ使用・タッチパッド切・ジェスチャー有・ボタン最大」設定に落ち着き、かつての独立物理キーほどではないものの、充分快適(たまにイラッとするけど(^^;)になりました。人間、慣れるもんです。
 キーボードはやっぱり快適で、このタッチはクセになります。執筆してて楽しくなりますもん。底がかっちりしてるのがいいんですかねえ。
 ただし、BSとdeleteキーはいまだに迷います。何度、消しちゃいけない文字を消してしまったことか……! なぜ慣れない、私。歳か、歳なのか!?

 天板はあまり指紋がつきにくく、ちょっと拭けばすぐに汚れがとれるのもいいです。キーボードやトラックパッドも同じ。使ってるときはちょっと目立つ気もしますが、いやになるほどじゃないです。
 頑丈さもさすが、の印象。結構ラフに扱ってますけど、トラブルになりそうな感じはありません。

 ネガティヴなことも1つ。
 先日、静かな環境でいじってた際に、なんか妙な音が。調べてみると、サーって感じのノイズがスピーカーから出てます。動作に合わせてノイズが変化するっぽいです。静かでないと気づかないレベルではありますが、逆に言えば静かであれば確実に気になるレベル。
 私は音を出さないからスピーカーオフにしてますけども。これ、ハードの問題ですかねえ。今度問い合わせみよっと。そのうちゲームをインストールしてみようと思ってるんで、ノイズが気になる可能性もありますし。

 あ、もう1つ気になる点がありました。
 スリープから復帰する際、指紋認証がときどきうまくいきません。通常のパスワードを入力すれば復帰できますが、せっかく指紋登録したんだから、さくっと使いたいのが本音。
 設定がまずいのかなぁ。でも普段はだいたいちゃんと認識してくれるんですよねえ。うむむ?

ThinkPad T440s(レノボ)その3

その2から続く)

 ある程度T440sのセッティングも終わったので、本格的に外での仕事に使ってみました。
 条件はこんな感じ。

・ファミレスで2時間50分(食事やドリンクバー、トイレで何度かスリープ利用)
・ディスプレイの輝度は真ん中よりやや明るめ設定で
・秀丸エディタを使っての小説執筆、たまにPCの設定いじくったり
・オフライン

 開始時のバッテリーは、内蔵が56%、セカンドが77%。
 店を出るときは、内蔵が55%、セカンドが27%。
 セカンドバッテリーから優先して使うはずだから、この1%減は自然放電、かな? よくわかんないけど。

 稼働していたのが2時間30分くらいだとすると、実際に浪費したバッテリーは50%程度。
 単純計算で、30分で10%ってところ?
 私が外で使うのはだいたい3時間半、長くて4時間、最大で4時間半ほどだから、それぞれ70%、80%、90%あれば足りる、はず。
 ただし私はいたわり設定(80%で充電ストップ)にしてるから、3時間半でちょうどセカンドバッテリー使い切る感じですかね。実際は残り5%になると内蔵バッテリーに切り替わるようですが。

 内蔵バッテリーは40〜80%の範囲を維持する予定だから、まあ、最低でも1時間半くらいは追加で稼働できる計算。5時間くらいは普通に使えるってことですね。
 原稿執筆があまりPCパワー使わないってことももちろんプラスに働いているはず。

 バッテリーはへたる消耗品だから、これから先、どんどん稼働時間は減っていきます。最小で当初の半分って話なので、セカンド80%&内蔵40%の条件下でも最悪5.5時間くらいは動かせる計算。全然問題ないですね。
 っつーか、そこまでへたったら普通にバッテリー買い直してるでしょうし。内蔵バッテリーの交換は修理扱いで面倒だから、なるだけこっちは使わない方向で。

 聞いた話だと、内蔵バッテリーは1000回くらい充電できるタイプらしいです(セカンドバッテリーは2〜300回程度)。私の使い方だと、内蔵バッテリー交換する頃には本体を買い替えてると思われます。

 ホットスワップできるから、セカンドバッテリーをもう一つ用意しておく、という使い方もありですね。


 不満なのは、Win8/8.1だと、あの便利だった省電力マネージャーというソフトが(普通の方法だと)使えないこと。おかげで、バッテリー充電のしきい値を手軽に変更できなくて困りました。
 8系だと「Lenovo Settings」内の「Power」がこれに当たるのですが、現時点(2014年3月21日)ではしきい値の変更には対応してない模様。

 そこで現在は、以下のサイトで紹介されていた方法を使わせてもらってます。レジストリいじくるので、当然、自己責任。

・In The Mirror〜「ThinkPad T540p バッテリー設定」

 ちなみに私の設定は「40%以下で充電スタート、80%で充電ストップ」。
 ただWindowsのバッテリー表示だと80%になっても「充電しています」「充電していません」と交互に出てきて精神衛生上よろしくないので、80%になったら電源は抜いちゃってます。

 純正アプリが早急に出てくることを期待。

(注:2016年1月現在では別の設定にしています。詳細はこちら。)

 そうそう、2時間以上、文庫換算にして10ページほど書いてみましたが、キーボードのタッチは相当に好きです。メインのデスクトップで使ってる東プレのRealforce106とまでは言いませんが、ノートでこの感触なら文句はありません。
 いくつかキーの配置が変わっててまだ「あれ、どこだっけか」と指が迷うこともありますが、これは慣れの問題でしょうしね。

 クリックパッドに関しては現在、あれこれ設定をいじくってる段階。
 ネットで酷評されるほどとは思いませんが(なかなか快適)、以前の物理ボタンのほうがよかったのは確実かと。
 でも、タッチ操作も覚えるとかなり便利になる予感もしています。

 ここらへんは、もう少し使い込んでからでないとなんとも。



(その4に続く)

ThinkPad T440s(レノボ)その2

その1から続く)

 SSDへの換装が済んだので、続いてアプリのインストール作業に入りました。
 私のメインPCはデスクトップで、ノートはバックアップとファミレスなどで原稿を書くためのサブ機となります。そのため原稿書くソフトがメインとなり、比較的数が少ないから楽です。
 もっとも、今後はちまちまとあれこれインストールするんでしょうけどね。

 だいたい、以下のような順番でインストールしました。

・セキュリティソフト
・ブラウザ(メイン機とリンク処理)
・ATOK(パスポートという月額サービス利用&同期機能オン)
・秀丸エディタ(デビュー前からずっとこいつで原稿書いてます)
・姫踊子草(親指シフトにするため)
・KEY SWAP(同上)

 SSDのおかげか、さくさくとインストール進みます。
 これらのメインで使うソフトはT440sの構成選ぶときにwin8系でも動作することは一応確認してありましたが、今のところ、おおむね問題ないです。
 一つだけ、秀丸に不具合?っぽい現象出ましたが、これはどうにか自己解決。詳細は本館ブログに書きましたけど、あっちは18禁なんでリンクは張りません。興味ある方は「青橋由高の一日一歩」というブログの、2014年3月18日の「秀丸エディタ&姫踊子草&Windows8.1でのトラブル(?)と対処法っぽいなにか」という記事を参照してください。多分、ほとんどの方は関係ない内容です……。

 んで、最低限の環境はできたので、テストを兼ねてあれこれ遊んでみました。
 いやー、思ってる以上にディスプレイ綺麗ですわ。IPS&フルHD、素晴らしい。

 ……ん。そういやスペック書いてなかったことに今気づいた。遅まきながら、こんな感じの構成です。

・インテル Core i5-4200U プロセッサー (1.60GHz)
・Windows 8.1 (64bit)
・14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS)、タッチなし
・インテル HD グラフィックス
・8GB PC3-12800 DDR3L (4GBオンボード + 4GB)
・日本語キーボード(バックライトなし)
・指紋センサー
・カメラなし
・500GのHDD(256GのSSDに自分で換装済み)
・スマートカードリーダーなし
・3セルリアバッテリー
・45W ACアダプター
・インテル Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth 4.0

 譲れなかったのはディスプレイとキーボードのバックライトなし。
 そのうち書きますが、バックライトあるとキーの表面がつるつるして、どうも好みじゃないんですよねえ。X1Carbonにしなかった理由の一つがこれです。

 CPUは、費用対効果を考慮して。グレードアップするとかなり値段変わるし、消費電力も増えそうだし、そもそも私の用途(文章作成)だとそこまでハイスペックはいらんかな、と。あまり体感できる気もしなかったので。

 一番悩んだのはリアバッテリー。6セルだと稼働時間はすっげー長くて文句なしなのですが、後部が持ち上がるのがちょっと気になって……。
 私はキーが平らな方が好みというか、手首が疲れない感じがするのです。ここらへんは人それぞれかも。
 最悪、3セルをもう一つ買って、ホットスワップすりゃいいか、とも考えての選択です。

 んで、話を元に戻します。
 試しにあれこれいじってみると、思っていた以上にディスプレイが綺麗だし、キーボードが打ちやすいのです。
 本音を言うと15インチがよかったんですが(テンキーがないならT540p買ってた気がする)、14インチでも充分仕事ができる印象。老眼とか気にする年齢になったらまた違うのかもしれませんけど……。

 あと、SSDのおかげか、漢字変換がさくさくで実に快適。メインのデスクトップ機もSSDに換装したくなっちゃいました。

 まだ本格的に文章作成はしてないのでキーボードの最終評価はしませんが、現時点では90点以上あげたいです。キーの配置が変わったことで戸惑うところもなくはないですけど、これは慣れの問題。ちゃんと時間かけてから評価したいと思います。
 今のところ、以前のZ61mより打ちやすいと感じてます。



(その3に続く)

ThinkPad T440s(レノボ)その1

 先月末に注文したT440s、昨日、無事に届きました。
 最初は納期がやたらと早く、期待しつつも「どーせ遅れるだろうから喜ぶのはやめよう」。
 案の定、当初の見積もり程度に延び、「やっぱりThinkPadはこうだよな、うん」。なぜか安堵してる私。
 でもちょっと繰り上がって出荷連絡。「あれ、意外と早い?」。
 無事に日本に到着したものの、国内の配送が1日遅れたのはご愛敬。
 ちなみに、注文してから約3週間での到着でした。まあ、そんなものだと思ってるのでなんとも感じません。国内生産してくれるといいのにな、とは思いますけれど。多少高くなってもいいんで是非お願いします。ThinkPadブランドだけでいいから。

 本当は確定申告終わらせてからセットアップするつもりでしたが、我慢できなくて届いたその日の夜に開封。

T440s以前と比べてロゴの向きが逆なのがちょっと違和感
T440sキーボードなんかもずいぶんとすっきり
T440sZ61mとの比較
T440s厚さが全然違う!
T440s15.4インチと14.0インチの差

 2006年に購入してまだばりばり現役で小説執筆に活躍してるZ61mとの比較。
 まずね、もうね、持った瞬間の重さが違います。信じられないくらい軽く感じます。
 体重計だからかなり大雑把ですが、Z61m(大容量バッテリー使用)が3.4キロ(重っ)なのに対し、T440sは1.5キロ! おいおい、こんなに軽くていいのかってくらい違います。

 まずはさくっと起動して初期設定。初めてのWindows8系なので、色々と新鮮。
 でも起動確認までしたところですぐにリカバリーディスクの作成に入ります。SSDに換装するためです。
 割引率の関係でカスタマイズしても大して金額変わらなかったのですが、使いたくなかったメーカーのSSD搭載される可能性が高かったから自分ですることに。インテルとか東芝だったらよかったのになぁ。

 余談ですが、買うつもりだったメーカー(CFD)のSSDが注文の数日前に急に品切れになってしまい、急遽、別のモデルをチョイス。新型が出るタイミングだったっぽいです。

T440sUSBメモリにリカバリーディスクを作成

 なお、分解やSSD換装に関しては、以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

「ThinkPad X240sのリカバリー・メディア作成とSSD換装」
「X240s 内蔵バッテリーの無効化 SSD換装の準備」

 どちらもX240sですけど、基本は一緒……のはず。

 ドライバでネジを緩めて(外れるのと外れないのがあるっぽい?)、ケースを外そうとしたところで大ピンチ。
「は……外れねえ……!」
 爪でロックしてあるのは保守マニュアルにも書いてあったし、ネットでも苦戦したという方の記事も見ました。が、予想以上にロック固いっ。いや、私が不器用なだけなのかも……。
 爪折りたくないから慎重にやったせいで1時間くらい格闘しました。こっちの爪が折れたり出血するというダメージ……。実は一日経った今もまだ痛いです。
 ある程度力入れたほうが外れやすい気もしますが、でもぱきっと折れそうな感触もあって、正直、二度と開けたくない(笑)。

T440sようやく開いた……
T440sSSDへの換装はすっごく楽

 私が買ったSSDはこれ。


 税込で19800円だったかな?

 SSD使うのは初めてだったのでどきどきでしたけど、無事に起動してくれました。
 さあ、次はここから色々なソフトをインストールして、原稿執筆できる状態にする作業となります。



その2に続く)

ノートPC購入計画(その5)

その4から続く)

 抱えていた仕事が一段落したので、改めてレノボカスタムショップでThinkPadの実機を見てきました。事前に新型X1Carbonが展示開始されてるとわかったからです。

 客の少ない時間帯だったこともあり、他の人の邪魔にならない程度にちょっとずつ、何度かに分けてX1CarbonとT440sを試しました。特にキータッチ。
 きっと私と同じ目的の人がいっぱいいるんだろうな、と予想していたのですが、みんなEシリーズばっかり見てたような……。まあ、おかげで納得いくまで触れました。

 さて、まずは「新しいX1Carbon」(この名称なんとかならんか(^^;)の印象。

 WQHD(2560×1440)の高解像度ディスプレイは、期待どおりの美しさ。
 私は職業上、文字のフォントをメインに確認したのですが、うん、これはいい。綺麗。
 スケーリングすれば実用上の問題もなさそう。アプリにもよるでしょうが。

 この時点で心がぐらぐら来ましたけど、私が一番気にするのはやっぱりキーボード。
 ……あ、やっぱりキーストローク浅い。新しい配置に関しては納得だし、あのファンクションキーも私の用途ならむしろ便利でいいじゃん、と思ったのですが、いかんせん、肝心のキータッチが微妙。
 私は比較的強く叩くタイプ(ちなみに親指シフターで、普段は東プレキーボード愛用)だからその点は差し引いてもらいますけど、それでもちょっと悩むレベル。
 通常の用途なら全然問題ないタッチなんですよ。Ultrabookとしてなら、私が触った中では最高級。でも、こいつでガチで原稿書くのはどうかな、と感じたのも事実。
 年間、原稿用紙で何千枚も小説書く人間なので、どうしても過剰に気にしてしまいます。
 案外慣れそうな気もするのですが。

 バッテリーに関しては、修理交換しても3万くらいという話だったので内蔵タイプであっても気になりませんでした。
 新型X1Carbon、キータッチ以外はこれといって不満は感じませんでした。

 さて、一方のT440s。こちらもキーボードを中心に再チェック。
 …………おおう、やっぱりイイ! 本当にイイ! 私はこのキーボード好きになれそう。
 もちろんデスクトップで使ってる東プレのRealforceなどと比べると落ちますが、特にストレス感じずに仕事できそうな予感。
 ただ、バックライトタイプにするとキートップがつるつるになって好みじゃないですね。ノーマルの少しざらっとした感触が好きです。

 この時点でX1Carbonに後ろ髪ひかれつつもT440s買おう、とほぼ決心しました。
 けれど問題もいくつか。

 まず、バッテリーをどうするか。
 T440sはリアバッテリーで3セルと6セルを選択できますが、後者だと底部が出っ張り、若干傾斜がつくんですよね。このほうが打ちやすいという人も多いようですけど、私はできるだけ手首を寝かせたいのです。
 実際に今も愛用してるZ61mの後部を持ち上げてどんなもんかと試してみましたところ、
「打ちにくいってことはないけど、打ちやすくもない。若干手首が疲れるような気がしないこともないようなあるような?」
 という、びみょーな感想。

 なるだけ内蔵バッテリー使いたくないからできればリアだけでまかないたいのですが、私の用途だと若干稼働時間に満たないっぽい。
 悩んだ末、「ひとまず3セルタイプで使ってみよう。ダメだったら内蔵バッテリーも使うか、あるいはもう1つ3セル買って交換しよう」という結論に。

 もう1つの問題はストレージ。クーポンの関係でSSDにカスタマイズしてもそんなに高くないから普通に注文してもよかったのですけど、パーツリスト見ると、私の好きでない(ソフトな表現をしておりますw)メーカーのものが積まれる可能性が大。
 んじゃ、あとで好きなSSD選んで自分で換装すっか、ということでひとまず決着。

 っつーことで、先程注文しました、T440s。もうちょっと待てばさらに割引率上がりそうな気もしますが!

ThinkPad T440s
レノボ

 なお、私が注文した構成はこんな感じ。

・Core i5-4200U(1.6GHz)
・Win8.1
・14.0型 1920×1080 IPSパネル
・オンボードグラフィック
・メインメモリ8G
・キーボードバックライトなし
・指紋センセーあり
・カメラなし
・500G HDD(7200rpm)
・3セルバッテリー
・無線LANはAC7260

 大した作業しないからCPUのパワーはこれで充分だと判断。いや、もちろん上位モデルもいいなとは思ったんです。ただ、一気に値段上がるから、ここは割切りました。
 メインPCならOSは7にした気がしますけど、サブ用途なので8.1をチョイス。インストールする予定のソフトが対応してることは確認済み。
 IPSパネルは絶対に欲しかったのです。ただ、タッチはいらんよな、と。タブレットは別に買いたいと思います。
 HDDはSSDに換装後、データのバックアップ用に回す予定。

 3年間はフルに働いてもらおうと期待しつつ、到着を待ちます。今のところ、納期は来月中旬。どーせ遅れるんだろうな、とか思ってます(笑)。

ノートPC購入計画(その4)

その3から続く)

 本日、仕事の打ち合わせのあとでレノボカスタムショップ(しかも3カ所!)に寄ることができまして、実機を触ったり販売員さんに質問してきました。

 誤算は、なんとなくそんな気はしてましたけど、新型X1Carbonがまだ展示されてなかったことと、T440sの大型バッテリーパックも確認できなかった2点。ってか、どっちも一番知りたかったところなのですがっ。

 それでもいくつかは収穫がありました。
 その一つは、T440pは候補から外すということ。
 理由は、ネット上のレビューでもよく見かけたように、本体に若干の熱が感じられたからです。
 熱いってほどじゃなく、温かいってレベルですけどね。
 MシリーズをCPUに採用してる他のモデルもだいたい似た感じでした。パワーをそんなに求めない私のようなタイプにはUシリーズ搭載モデルがよさそうです。

 15インチタイプも改めていじってきました。ホームポジションが左にずれるのは思ってたより気にならない感じですね。画面も大きいし。
 まあ、今回は見送りますけど。

 あと、あの5ボタンクリックパッド、以前試したときと印象がちょっと変わりました。ボタンが軽くなってるような……? んん? 気のせい? ぱこぱこという耳障りな音もなくなってるっぽい?(周りがうるさかっただけかも)
 ロットによって差があるのか、初期モデルに比べて調整されてるのかわかりませんが、これならいいかな、とは思いました。個人的には物理ボタンも選べるようにしてもらえると嬉しいですけどねー。

 私が最も気にしてるキーボードのフィーリングは、旧型X1Carbon(近日中に注文できなくなる模様)とT440sで確認しました。
 ……あれ、X1Carbon、なんだか指が引っかかる感じするなぁ(あくまでも私の変則的なタイプの話なので注意)。慣れればなんとかなるの、かな?
 一方のT440sはいい感じ。アイソレーションタイプは初めてになりますけど、こいつならいい相棒となりそうな予感。

 ただこの違い、もしかしたらバックライトの有無の差の可能性があります。X1Carbonがバックライトありのつるつるタイプだったんですよね。T440sはノーマルタイプ。
 短い時間だとノーマルタイプのほうが私の好みに感じましたけど、たかだか10分程度のお試しだとなんとも……。

 新型X1Carbon、近日中にデモ機が導入されるっぽいので、また後日行ってみようと思います。
 本当はさっさと決めたいんですけどねぇ。納期が凄く長いっぽいので、今。4週間以上とかキツい(^^;

ノートPC購入計画(その3)

その2から続く)

 これ書いてる時点ではほぼThinkPadにしようと思ってます。あの国の製品を買ってしまう凄まじい後ろめたさを誤魔化すためにこんな本を買ったりして。



 ま、それはともかく、ThinkPadのどのモデルを買うか、という問題です。レノボじゃないよ、ThinkPadだからね、ここ間違えないでね! 日本の大和研究所が作ってるThinkPadだよ!(自己暗示)

 ThinkPadにはいくつかラインがありますが、私の用途・希望スペックから絞り込みますと、残るのはこの3つとなりました。

・T440s
・T440p
・新しいX1Carbon

 本当は15インチモデルがよかったのですが、テンキーはいらないんですよねえ。ホームポジションが左にずれるのがちょっと……。ただ、実物をもう一度触ってみて、違和感ないようだったら再度検討します。
 LやEシリーズを弾いたのはIPSパネルがないからです。
 旧型モデルも考えましたが(特にあの5ボタンクリックパッドに絶望した影響で)、Haswellにしたかったので(ミーハー)。

 X1Carbonは当初、バッテリー交換できないって時点でさくっと排除してましたが、色々調べてみると「あれ? これいいんじゃね?」と。いくつか気になる点があるので、ここがクリアできたらこいつが一番欲しかったりします。一番高いけど(笑)。

 んでは、それぞれの特徴について書いてみます。書きながら自分で整理したいわけですね、はい。絶賛お悩み中。

ThinkPad T440s
レノボ

 2つあるバッテリーのうち、内蔵のものが交換できないのがネック(実際はできるっぽい?)。
 そうなるとフロントの内蔵バッテリーは極力使わず、リアをメインに運用するスタイルになりそう。
 ただそれだと若干稼働時間が不安。6セルタイプにすると筐体に角度がつくので、これは実物で確認する必要あり。もちろん、3セルの予備バッテリーを別途用意するというのもアリ。

 バッテリー関連以外は特に問題なし。

ThinkPad T440p
レノボ

 T440sの兄弟機(?)。sが携帯性重視なのに対し、pはよりパフォーマンス寄り。
 光学ドライブが付いてるけど、今はもうあまり使わない(外せるからその分軽くはできる)。
 CPUがUシリーズではなくMシリーズだからパワフル。ただ、発熱がsよりあるという話をネットで何度か見ました。ちょっと気になる。
 大容量バッテリーは魅力。これ使えば稼働時間は気にしないで済む。後方に突き出るだけだから本体の角度は変わらないし。
 値段も他に比べ低め。


新しいX1Carbon

 そして最近急に気になり始めたのが発売になったばかりのこれ。
 バッテリーが内蔵型で交換できないのがネック。でも、実質3年は使えるようだから、他のバッテリーと変わらない。オプションの保証サービス入っておけばそんなに交換費用かからないっぽい?(要確認)
 ただ、3K液晶使ったときの稼働時間とか、まだレビューが出てない点が怖いです。

 実はかなりこれに傾いてましたが、キーボードの写真見て「これ、ダメかも……」とも。
 私は親指シフターで、右手で変換キーとカタカナ・ひらがなキーを頻繁に使います。だけどこの新型X1Carbon、変換キーが小さくなってる&位置が変わってる……!
 実物で確認しないとわからないですけど、ちょっと黄色信号。


 今のところ、T440sが有力、ですかねえ。うーん。冷静に考えるとT440pかなぁ。でもでもX1Carbonも魅力……! 悩みます。

 近日中(早ければ明日)にまた実物を触ってくる予定なので、そこである程度決めたいな、と考えてます。
 次回作は新しいノートで執筆したいものです。

ノートPC購入計画(その2)

その1から続く)

 私がノートPCに求める最大のファクターはキーボードです。もう、ここが9割です。
 仕事柄、タイピングのフィーリングは絶対に譲れません。もちろん好みもあるので、実際に触ってみないと怖くて買えません。
 そんなわけで秋葉原のヨドバシなどの店頭でひたすら試してみました。説明員にも色々質問して、どの機種がいいのかを絞り込んでいきます。

 結果、私の好みに合ったキーボードを搭載したノートは以下の3つ。

・ThinkPad(レノボ)
・Let's note(パナソニック)
・MacBook(アップル)

 実際はThinkPadが頭二つくらい抜け出た評価です。でも、Let's noteとMacBookでも慣れれば大丈夫だろうな、という印象。
 他のメーカーは、慣れるかもしれないけど、不満は消えないかな……と感じました。

 本当は東芝のDynaBookとか富士通のLIFEBOOKを考えてたんですよね。でもキーボードがどうも好みじゃなくて……。
 NECとかソニー(身売りしちゃうようで残念)のPCもあまりいい印象はありませんでした(あくまでもキーボード限定の話)。

 そんなわけで、この3つから絞り込むことになりました。
 まあ、これがかなり大変だったのですけども。

 メーカーへのイメージ・信頼感は、やっぱりパナソニック。次いでアップル。大きく離されてレノボ。
 レノボっつーか、あの国へのイメージが悪すぎるわけです(個人じゃなくて国単位の話ね)。悪い噂もありますしね。
 ただ、レノボじゃなくてThinkPadを買うと思えばぎりぎりオッケー。レノボ製品ではなく、日本の大和研究所の製品を買うと思えば心理的障害はクリアできなくもないです。

 パナソニックは日本製という点に加え、ThinkPad同様に質実剛健なイメージが私好み。

 アップルは……まあ、嫌いなところも多々あるけど、素直に凄いな、と尊敬できる数少ないメーカー。ハマっちゃったら抜け出られない予感がします。

 価格は、モデルによってピンキリではありますが、自分好みの構成にするとやっぱりLet's noteは高くなっちゃいますね。MacBookもそこそこ。
 その点、ThinkPadは最初の価格もほどほどだし、長期的に見ると自分でいじれる部分が大きいからさらにコストパフォーマンスが上がります。

 結局、この3つならどれでもオッケーじゃないか、ということになりますが、改めて自分の用途と照らし合わせてみますと、Let's noteはちょっと違うかな、と感じました。
 私はあそこまでの軽さや稼働時間は求めてない反面、画面のサイズや美しさが物足りません。
 あちこち移動する人にはあれは素晴らしいと思うんですけどね。

 そんなこんなで、候補はThinkPadとMacBookに。でも、今のところはThinkPadに傾いてますね。
 MacBookはまだそれほどいじってないので、店頭で再度キーボードの感触などを確かめてから考えます。

(その3に続く)

ノートPC購入計画(その1)

 私が現在使っているノートPCは、2006年(!)に購入したThinkPad Z61mです。
 バッテリーも何度か交換しましたがまたへたってきたし、外で仕事する際にあと1時間、できれば2時間くらい稼働時間に余裕が欲しいので、そろそろ買い替えを考えてます。

Z61mThinkPad Z61m(チタンモデル)
レノボ

 当時、アウトレットかなんだかで大きく値下がりしてたので直販。ほぼ20万。

・15.4インチ WSXGA+(1680×1050ドット)
・Core Duo T2400(1.83GHz)
・メモリは4Gに(認識するのは3Gまで)増設
・HDDは1Tに換装
・OSはXPから7に
・バッテリーは大容量タイプ
・重量は約3.3キロ

 これを選ぶ際に最優先したのはとにかくキーボード。親指シフターでもあるので、その点も含めてかなり選り好みは激しいかもしれません。一応(エロ)作家なので。
 つい2ヶ月ほど前に光学ドライブがご臨終なされた以外はこれといってトラブルもなく、来月に発売される新刊の半分くらいはこいつを相棒に書きました(残り半分はメインのデスクトップ)。

 私の用途はファミレス等に持ち込んでの小説執筆がメインで、あとはデスクトップのバックアップです。
 将来的にはわかりませんが、現在は歩いて行ける距離のファミレスしか利用してないから、それほど軽さにはこだわってません。
 
 バッテリーは比較的いたわって使いたい人なので、充電は80%までで止めています。そのため、稼働時間はフル充電のバッテリーと比べると7割くらいでしょうか(実際はもっと動くけど、余裕持ちたいので)。
 希望の稼働時間は、この条件下で5時間以上。

 使うアプリはほとんどがATOK&テキストエディタだから、求めるCPUパワーはそれほどいらない、はず。多分。キーボードが熱持つのはイヤだし、バッテリーとの兼ね合いもあるので、そんなにハイスペックにしなくてもいいかと思われます。
 まあ、それでもi7とか欲しくなっちゃうんですけどね(笑)。

 ディスプレイは、Z61mが微妙にアレだったので、できればIPSにしたいなぁ、と。もちろん非光沢。
 サイズは今が15.6インチなので、できれば15インチを選びたいところ。最低でも14インチ。

 ストレージはそんなに使いませんが、あって困ることはないですね。

 予算は20万くらいまで。仕事に使うものだし、どうせまた長く愛用するだろうから、安物は回避したいですね。
 私は単純な人間のため、いい道具を使ってる、という自己暗示は仕事の能率に少なからず好影響を与えます。ふふふふ。

 以上のことを踏まえ、ネットで各社のスペックやレビューを調べまくってから店頭で実物を散々触ってきたところで、ある程度まで機種は絞り込めました。

(その2に続く)
livedoor プロフィール

青橋由高

のんびりだらだらサイクリングが好きなダメ作家。
愛車はBMC SSX 08(由佳里号)&ラレー BDC 07(真鈴号)。次はフルカーボンロードを物色中。
最近、腕時計に興味が出てきた物欲帝王。

あしたのファミリア
あしたのファミリア(5) (ライバルKC)
巻末にショートショートを書かせていただきました!
Recent Comments
オススメ物欲グッズ
RME Babyface USBオーディオインターフェイス
RME Babyface
レビューはこちら

[カシオ]CASIO 腕時計 OCEANUS オシアナス Manta マンタ タフソーラー 電波時計 TOUGH MVT MULTIBAND6 OCW-S1200P-7AJF メンズ
OCW-S1200P-7AJF
レビューはこちら
Archives
Categories
オススメ通販サイト
  • ライブドアブログ