Z-LIGHT Z-60 B ブラック Z60BZライト Z-60
山田照明(公式サイトはこちら

Yahoo!ショッピングでの最安値はこちら

 その後、半月ほど使ってみたので感想の続きです。

 現時点では「買ってよかった」と思ってます。100点満点とはいかないけど、80点とか90点はあげられる出来。やっぱりそれなりの値段しただけはあるかな、と。

Zライトこんなふうに使ってます

 アームは安定感もあり、すいすい動かせます。固定もしっかり。
 この先どうなるかはまだ不明ですが、今の段階ではまったく問題なし。

 明るさのモードが2種類(100%・20%)とありますが、パソコン使うときは20%、ノートに書いたりするときは100%と使い分けてます。
 ただ、できればこの中間の明るさもあるともっとよかったかな、とは思います。

Zライト(0%)これがライトを点灯してない状態。ちょっと読めません。
Zライト(20%)20%。充分読めますが、多少暗いかも?
Zライト(100%)100%。明るすぎるときもありますが、これくらいあったほうがやっぱり楽。眩しいようだったらアームを動かして少し離せばいいだけ。

 なお、サンプルの本は私の著作です(宣伝宣伝っ)。知らない人のほうが多いと思いますが、一応、物書きですので。

 この画像だと20%のほうが100%より明るく見えますが、これはカメラの関係かな?
 こっちの画像の、特にキーボード部分を見ると明るさ比較がしやすいかと思います。

Zライト(0%)ライトなし。かなり暗いですね。
Zライト(20%)20%。私は通常このモードで作業してます。
Zライト(100%)100%。テキストエディタのバックが白なのでそう感じるのか、私にはちょっと眩しいくらい。

 実際の様子とデジカメの写真は違いますが、だいたいの感じはわかります……かね? あくまでも参考程度に。

(2011/11/11追記)
 ワットチェッカーで測定したところ、20%モードで1ワット(たまに2ワット表示になる)、100%モードで8ワットでした。