マランツ ネットワークオーディオプレーヤー (ブラック)marantz NA7004-B
マランツ ネットワークオーディオプレーヤー marantz NA7004

マランツ(公式サイトはこちら

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

 買い物はある意味悩んでるときが最も楽しいのですけれど、凝り性の私の場合、少なくない時間を下調べなどに費やしてしまいます。いや、本人としたら別にいいんですよ、楽しいんだから。でも、仕事と己の筆の遅さを考えますと、悩むくらいならさっさと買って、浮いた時間で仕事をして使った金を補填するという悪魔の作戦もアリかな、と(言い訳だろ、などという冷静なツッコミはいりません)!

 今回は諸般の事情があって(在庫がなくなりそうで下手すると2ヶ月待たされる可能性があった&使用期限が迫ったYahoo!ポイントがいっぱいあった&仕事が大変でストレス溜まってた)、ついカッとなってポチっちゃいました。後悔はしてない。多分。

 それでは、NA7004の感想というかレビューのようなものを始めます。
 完璧素人の意見なんで、そこらへんは生温かい目で見てやってくださいな。

NA7004購入したのはシルバーゴールドモデル

 寝るときに使うので布団の横にないと困る&他に置く場所がどこにもないという理由から、「うーん」と思いつつも床に直置き(笑)。

 私がこのNA7004に惹かれた機能は、

・iPodのデジタル接続
・ヘッドホンアンプ
・USB-DAC
・ネットワークオーディオ


 主にこの4つ、特に上の2つですね、当面は。
 iPodのデジタル接続ができてネットワーク対応のレシーバーがマランツとデノンから出てますけど(M-CR603やRCD-N7)、私にはいらない機能がいっぱいあってなんかもったいない気がしたし、実勢価格も極端に違うわけじゃなかった&実際に自分のiPod&イヤホンで試聴したら音の差がそこそこあったので、NA7004を選択しました。
 まあ、素人なんで、ピュアオーディオ機器に憧れたという、極めてミーハー的要因も否定しません(笑)。

 PCオーディオ・ネットオーディオにも興味があるため将来的には下の2つの機能も使ってみたいとは思ってますが、それはまた後日ということで。

 まずメインの目的であったiPodのデジタル接続ですけど、これは店頭で試したとき同様、あっさり成功。
 音はアナログ接続に比べてよりくっきりはっきりという傾向。ただ、イヤホン(ATH-CK90PRO)だとパワーを持て余してるって印象も。しばらく使ってエージングすれば変わってくる予感がしてますけれどね。今までそういう音を出させてなかったわけですから。
 音量調整が本体のつまみでしかできない点がちょっと不便ですけど、これはしゃあないですね。

 できるかちょっと不安だった、テレビとの接続もやってみました。
 深夜など、たまにイヤホン端子にヘッドホンを繋いで観賞することがあるのですが、これにNA7004をかませれば音がよくなるかなぁ、と期待してたのです。HTX-22HDXにヘッドホン端子があれば一番よかったんですけどね(^^;

 我が家のプラズマテレビ(TH-P42G2)には光出力(PCM)があるので、これを光ケーブルでNA7004に繋いだところ……おお、あっさりと成功!
 テレビに直付けしたときと同じコンテンツで何度も聴き比べてみたところ、iPodのときと同様、いくらか鮮明になりました。劇的ってほどじゃないですが、セリフは聴きやすくなりましたね。
「デジタルだから!」という心理的安心感もプラシーボとなってる点はあります(笑)。
 でも、それでもやっぱり音は変わってますよ。

 よく言われるように、やっぱり音を決めるのはスピーカーです。
 イヤホンやヘッドホンを安物からちょっとだけいいものに替えたときのあの感動には全然及びませんが、今後の拡張性を考えると充分満足できます。

 いいアンプとスピーカーに接続したらこいつも真価を発揮できるんだろうなぁ、と思うと、NA7004には少しばかり申し訳ない気持ちも……。


 音が変わってきたり、NAS環境整えたりしたら続きを書きます。