昨年、TW-S7を買ったあたりから徐々にPCオーディオに興味を持ち始めまして、iTunesをやめて(使い勝手は最高なんですけどねー)別のプレイヤーをあれこれ試したり、リッピング形式をAACからWAVにしたりと、主にソフト面をちまちまいじって遊んでました。
 foobar2000のWASAPIを使ったときの驚き(=再生ソフトで音が変わるなんて夢にも思ってなかった(^^;)は相当なもんでしたよ、ええ。今はWAVメインだからMediaMonkey使ってますけど。

 将来的には仕事用デスクに小型スピーカー設置したくなったので、雑誌をあれこれ買ったりネットで情報チェックしたり専門店をあちこち回って視聴&質問&見積もりしてもらったりと、こそこそ物欲を高めておりました。
 自転車のときと違って、結局「ここだ!」というショップを見つけられなかった(これは単に相性の問題です)ので、その点は残念でしたけど。自転車だと、困ったら全部店長に任せてますからね、私。

 当初はもうちょっと時間をかけてあれこれ調べてから買い揃えるつもりでしたが、ひょんなことからスピーカーを入手したため、急遽予定を前倒しにしました。
 ちなみにゲットしたスピーカーはこれ。

フォステクス 小型スピーカーシステム ダークブラウン【1本】 GX-100-DBフォステクス 小型スピーカーシステム ダークブラウン【1本】 GX-100-DB

クチコミを見る

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

 スピーカーに関してはまた別に書きますが、これは元々有力候補の一本でした。何度か視聴してましたし、評価も高い定番モデルなんで。
 ただこのGX100、能率が低いんですよ(82dB)。
 聞くところによると数字ほど慣らしにくいスピーカーじゃないとのことですが、でも、アンプ選びの際には常にこの低い能率を頭の隅に置いてました。

 アンプはかなり早い段階からデジタルアンプを考えてました。
 私は結構長時間BGMを流すため、消費電力とか排熱とかほとんど気にしなくていいデジタルアンプは魅力的に見えたのです。
 また、作業用の机にはあれこれ資料やらなにやらがあるため、フルサイズのアンプはちょっと厳しいかな、と。置けなくはないんですが、できればコンパクトタイプがいいなあ、とは思ってました。

 スピーカーの位置はかなり近い(現在50センチ。本当はもう少し離したい……)上、そんなに音量も出さないので、下手にアンプが強力すぎると微調整が難しそうだからと、その点も考慮して候補を絞ります。

 さて、アンプの他にも必要なものがあります。そう、DACやDDCです。さすがにオンボードのサウンド機能使いたくないので。
 先日購入したNA7004はUSB-DACとしても使えますが、部屋の配置の関係でちょっとばかし微妙なのです。長めのケーブルを床に這わせれば利用できましたけど、できればそれは回避したいところ。絶対に足引っ掛けて転ぶのが目に見えてたから(笑)。

 そこで考えたのは、

・DDC&デジタルアンプ
・USB入力のあるデジタルアンプ


 の2パターン。
 前者は王道パターンで今後のステップアップもしやすい一方、後者であればひとまずこれ1台買っておけばオッケーという点が魅力。
 正直、どっちにするかはぎりぎりまで悩みました。

 候補にしたのは、

<デジタルアンプ>
・TA-F501(ソニー)
・R-K1000-N(ケンウッド)
・A-5VL(オンキヨー)

<DDC>
・hiFace(M2TECH)
・RAL-2496UT1(ラトック)
・SE-200PCI LTD(オンキヨー)

<USB入力のあるデジタルアンプ>
・icon2(NuForce)
・RDA-520(ラステーム)
・RUA220(ラステーム)

 ここらへんが最終まで残りました。
 実際はこの何倍も候補があったんですけど、なにぶんにも私は素人なんで、色々な人のレビュー(主に雑誌とブログ)を参考にしました。
 あとはもちろん予算(笑)。
 予定を前倒ししたためあまり余裕がなく、今回は3〜6万、頑張って7万という予算設定です。
 10万強あったら、ラトックのRAL-24192UT1とオンキヨーのA-5VLって組み合わせにしてた気がします。多分。

 後編では、これらの候補からどうやって絞っていったかを書きます。