前編で書いたようにある程度候補を絞りましたが、ここまで来るのに実は数ヶ月下調べしてます。
 排熱やスペース、消費電力、そして個人的嗜好からデジタルアンプにする、と決めてあったからまだ楽でしたけどね。

 では、候補にした機種についてざっくり書いていきます。

ソニー ステレオデジタルアンプ TA-F501ソニー ステレオデジタルアンプ TA-F501
ソニー

Yahoo!での最安値はこちら

 評判が高い機種で、新品は予算的に厳しいものの、中古市場でもよく出回ってるので一応候補圏内でした。
 ただ、スペース的に厳しいのと、DDCも含めると予算的にちょっと苦しいかな、ということで断念。

ケンウッド レシーバー内蔵アンプ R-K1000-Nケンウッド レシーバー内蔵アンプ R-K1000-N
ケンウッド

Yahoo!での最安値はこちら

 こちらも評判のいいモデル。
 オンキヨーのCR-D2も候補でしたけど、私はCDプレイヤー必要なかったので、レシーバータイプならこっちかな、と。
 値段も手頃だし、小音量向けのモードがあったのもかなり心惹かれました。
 もしもスピーカーが能率の高いモデルだったらこれを選んだと思います。


ONKYO プリメインアンプ 90W+90W(4Ω) A-5VL(S) シルバーONKYO プリメインアンプ 90W+90W(4Ω) A-5VL(S) シルバー
オンキヨー
Yahoo!での最安値はこちら

 一番最初に考えてたのはこのモデルでした。
 ただ横幅があるため、私の作業デスクにはちょっと厳しくて……。

M2TECH hiFace USB接続で24Bit/192kHz対応のUSB-DDC USBオーディオコンバーターM2TECH hiFace USB接続で24Bit/192kHz対応のUSB-DDC USBオーディオコンバーター
M2Tech

Yahoo!はこちらこちら

 これはDDC。定番ですね。
 ただ、AMDとは相性が悪いって話も聞いたんで回避。本当なのかな?
 あと、形状も我が家の環境だと微妙なんで(ちょっとぶつかりそうだった)。

ラトックシステム USB デジタルオーディオ トランスポート RAL-2496UT1ラトックシステム USB デジタルオーディオ トランスポート RAL-2496UT1
ラトックシステム

Yahoo!はこちら

 評判がよかったDDCがこれ。個人的にもいいなぁと思ってましたが、どうせなら最近出た上位モデル欲しかったし、あと、予算的に泣く泣く断念……。

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTDONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD
オンキヨー

Yahoo!の最安値はこちら

 PCI用のサウンドカードですが、DDCとしても使用可能。あと、評判がかなり高かったです。使ってる人もいたので聞いてみたところ、高評価でした。
 もしも普通のアンプ持ってたらこれ買ってDACとして使ってた気がします。
 DDCとして使うなら、むしろ同じオンキヨーのND-S1のほうがいいかも。安いし。

ニューフォース USB DAC搭載プリメインアンプシルバー ICON2/SILニューフォース USB DAC搭載プリメインアンプシルバー ICON2/SIL
ニューフォース

Yahoo!はこちら

 定番アンプ。
 実物見ればわかりますけど、とにかくコンパクト!
 デスクトップで使う分には問題ない、というか、ぴったりですね。
 スピーカーケーブルがちょっと独特ですけど、初心者の私には接続が楽とも言えるし。
 ただ、同じ価格帯なら後述のラステーム製品のほうが魅力的に見えたので今回は回避。

RDA-520  50W+50W (4Ω)フルデジタルステレオパワーアンプRDA-520 50W+50W (4Ω)フルデジタルステレオパワーアンプ
ラステーム

 USB入力があるので最初はこれだけ買っちゃえばスピーカー鳴らせるし、光・同軸入力もあるのであとから高性能DDC(たとえばラトックのとか)付け加えることも可能。DDCとしても使用できるという、かなり魅力的なモデル。
 ネットでの評判も上々で、一時はこれにほぼ決まりかけてました。
 実は、今でもこっちでもよかったかな、と思ってたりします(笑)。

ラステーム USB2.0 24Bit/192kHz対応 デジタルアンプ(20W+20W(4Ω)&ヘッドホンアンプ) RUA220ラステーム USB2.0 24Bit/192kHz対応 デジタルアンプ(20W+20W(4Ω)&ヘッドホンアンプ) RUA220
ラステーム

 最終的に私が選んだのは、同じラステームの、こっちの最新モデルでした。
 USB接続・USB2.0対応・小音量にぴったりの出力・コンパクトなど、ほぼ私の求めるスペックを満たしてる一方、USB以外の接続ができないため、ステップアップがほぼできない(これで完結してる)というマイナス点も。
 代理店でRDA-520と聴き比べたりメーカーにあれこれ問い合わせた結果、こっちを選びました。

 導入したところちょっとしたトラブル(ドライバー関係)はありましたが、現在はその回避方法も見つけましたし、それ以外については問題ありません。
 前述した機能については全部期待通りでしたし。

 ここらへんのことはまた別に書きます。