フォステクス 小型スピーカーシステム ダークブラウン【1本】 GX-100-DBGX100
フォステクス(公式サイトはこちら

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

 現在、このスピーカーは仕事用デスクに設置して、作業中や休憩タイムに鳴っています。
 中央には、でん、と25.5インチディスプレイが鎮座してるため、左右にはそんなにスペースの余裕がありません。あと……めっちゃ散らかってる(だから片付けるまでは画像アップしませんw)せいで、正直、スピーカーの設置場所としてはよろしくないです。
 アンプのRUA220も書類の束の上に乗ってるし……。さっさと片付けないと!

 そんなわけですんで、オーディオファンからすると「ざっけんな!」という状況ですが、初心者なんで許してくだせぇ。あくまでもBGM使用がメインだし。最初から結構妥協して組んだシステムです、はい。

 GX100を入手した直後はデスクの上に直置きしてましたが、「えー、こんなもんなの?」というのが率直な感想でした。
 なんかね、ぼわぼわしてるっていうか、締まりがない、曇った音だったんですよ。それでも、ときおり「おおっ!?」と思わせる瞬間がありました。

 まず最初にやったのは、定番中の定番、十円玉インシュレーターです。そう、スピーカーの下に十円玉を敷くというあれ。
 これ、以前にもHTX-22HDX付属のスピーカーでも試したのですが、そのときは「んんー? 変わってる?」という感じでした。
 ところが今回やってみたところ……
「うほっ、いい音!」
 と、大きく変化。
 音を流しながら片側ずつやったから、その変わり具合がよくわかりました。
 音全体の締まりが良くなって、解像度が上がった印象。
 このとき初めて、GX100購入してよかったと実感。
 ただ冷静に考えると、十円玉インシュレーターでここまで変わるってのは、裏を返せばそんだけ元のセッティングが酷いわけですよねえ(^^;
 さっさと片付けないと……。

 無論、十円玉は応急処置なので、すぐに市販のインシュレーターを購入してセットしてみました。

audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099ハイブリツドインシユレーター AT6099
オーディオテクニカ(公式サイトはこちら

Yahoo!の最安値はこちら

 個人的にオーディオテクニカが好きなのと、ネットでの評判が良かったこと、あと、なんといってもお値段が手頃だったので選んでみました。見た目もよかったし!

 今回も片側ずつ使ってみたんですが、いやいや、十円玉よりずっと効果出ますね! 当たり前だけど!
 音がぐっと引き締まり、解像度が高くなります。一番変わったのは低音が出てきたことでしょうか。
 なるほど、これが小型スピーカーの定番と称されるGX100の実力か、と納得。

 しかし、セッティングの旅はまだ終わりません。
 音に関してはひとまず文句はないんですが、問題はスピーカーの高さ。
 耳の高さに合わせたいため、できればあと20センチくらい上げたいところ。
 候補に挙がったのは、

山本音響工芸 スピーカースタンドキット【天板・1本】縦位置用 DKS-UPDSSスピーカースタンドキット【天板・1本】縦位置用 DKS-UPDSS
山本音響工芸(公式サイトはこちら

Yahoo!はこちら
 でしたが、いかんせん……予算が(^^;
 お金に余裕あったらこれに決めたと思いますけどね。高さ自分で決められるし。もちろん音もよさげだから。
 けれど私が目指すのは「最小の投資でそこそこの効果、素人レベルの耳が満足できる環境」なんで、今回はよりリーズナブル路線へ向かいます。

 そこでゲットしたのが、東急ハンズの材木コーナーで売ってた黒檀ブロック(4センチ角)です。
 1個262円(!)を6個。1572円!
 これをインシュレーターの下に設置すると……おお、音が更に変わった!
 高域がぐっと強調され、くっきりはっきり系に変化。
 ただこの変化はこれまでのものとは違い、「よくなった」ではなく「変わった」という感じ。
 私は最初からこっち路線の変化を狙ってたから満足ですが、人によってはちょっと耳に痛い、聴き疲れると感じるかも。もちろん、環境や聴く曲によっても全然違うでしょうけどが。

 ここで終わりにしてもいいのですが、せっかくだからさらに突っ走ります。しかもリーズナブル路線キープで。

 少しでもスピーカーの位置を高くするために最後に選んだのは、オーディオボード。
 オーディオブランドから出てるものは高価なんで、私が購入したのはお手軽価格で有名なオーディオムカイの御影石。
 本当はもっと厚くて大きいものが欲しかったのですけど、置くスペースがない&在庫がなかったのでこれにしました。
 商品も送料も安いし、発送もえらく早かったです。次買うときもここにしようかな……。

オーディオボード

 大きさはこんな感じ。
 真ん中にあるのは私の本です。比較用にという名目で宣伝(笑)。
 んで、これを加えた結果、こんなふうになりました。

スピーカーのセッティング

 正直に言いますと、AT6099&黒檀ブロックほどの変化はありませんでした。単独で使うと変わりそうですけど、3つ組み合わせてますからねえ。
 でも、低音に変化が。
 少し軽くなりました。軽くなったというか、整理された感じ、でしょうか。
 びりびり来る低音ではなく、じんじん響く感じに変化。細く鋭くなった……のかな?
 そして高音がより強調される方向にシフト。
 あと、音量を上げるとより綺麗に聞こえるようになりましたね。だからついボリュームを上げたくなります。
 黒檀ブロックのとき同様、これも好みに左右されるかもしれませんが、私はかなり気に入ってます。

 なにもせずただ置いてたときに比べて、現在はもう全然別の音です。あれこれ曲を聴き直してますけど、ああ、こんな音出てたんだ、という驚きがいっぱいで新鮮です。
 今後はしばらくこのままで音楽を聴きたいと思います。