以前から気になってることがいくつかあったので、先程小一時間ほどかけてミニ実験をしてみました。

実験1
 まずはレコーダー(パナソニック DMR-BWT2100)とAVアンプ(ヤマハ RX-V471)のHDMIとアナログ出力の音質比較。
 使ったHDMIケーブルとRCAケーブルはどっちも安価なもの。特に後者はなんかの付属品。

 違いは確かにありますが、明確にどっちがいい、悪い、というのは微妙な感じ。
 HDMIのほうがすっきり、RCAのほうが力強い、ようなイメージ。
 HDMIの音声出力カットすると、気持ち音が綺麗になった……気がします。プラシーボの可能性あり(笑)。
 画像はちらっとしかチェックしてませんが、変化は感じられず。厳密には違ってるのかもしれませんが、今回は特に気にしてませんので実際は不明。

 レコーダーがディーガのプレミアムモデルだったりするとアナログ出力の品質が高いらしいので、もっと差が出るのかも。
 RCAケーブルをちゃんとしたものにしたらはっきり違いが現れるような気がして、ちょっぴり物欲が高まってます(笑)。

 ただこのAVアンプ、アナログ入力にした場合はDAC回路すっ飛ばしてくれてるのか不明なんでそこが怖いですが。
 今度調べてみよう。

結論
 費用対効果を考えると現状維持が無難かも。
 お金を投じるなら配線の面も考慮してHDMIケーブルに、あるいは出力2系統のレコーダーにしたほうがいいような。
 今のところどっちも予定(というか予算)なし。
 HDDの容量的な意味でレコーダーを買い替えたいという欲はございます(笑)。

実験2
 今度はアナログ出力をプリメインアンプ(Nmode X-PM2F)に接続して比較。

 これはさっきよりも大きく違います。特に低音。
 今回テストに使ったのは私の実際の利用法に則して(笑)アニメのOPとEDですが、AVアンプだと低音が妙に強調されてぼわぼわして気持ち悪いのに、プリメインだとちゃんとした音になってました。
 ただの低い音とベース音、という違いに加え、音の広がりと奥行き、定位に差がありますね。
 確かにこれだともっと上のクラスのAVアンプが欲しくなるかも。
 私はそこまでこだわらない人だから別に大丈夫ですけれど。多分。多分。

結論
 2ch構成(現在の私はこれ)でHDMIなどのセレクターがあまり必要でない(現在の私はこれ)のなら、リモコン付きのプリメインにするのはアリかも。
 あるいはオンキヨーのこれとか。

ONKYO ネットワークステレオレシーバー (シルバー) TX-8050(S)ONKYO ネットワークステレオレシーバー (シルバー) TX-8050(S)
オンキヨー

 カタログ見ると無音時で50ワットくらい消費するのがちょっと気になるし、デスクトップシステムのスピーカーを47研究所の4737(試聴したらかなり好みでした。唯一にして最大の問題は予算のみw)に変更したらGX100をAVシステムのフロントにして、SC-CX101をリアスピーカーに回せるから、やっぱりAVアンプのほうがいいのかな、とか。

 理想を言えばパイオニアのこれが欲しいんですけど、予算的にどう考えてもアウト(笑)。
パイオニア 9.1ch対応 AVアンプPioneer SC-LX85
パイオニア 9.1ch対応 AVアンプPioneer SC-LX85

パイオニア
 売れっ子になりたーい。

(2012/3/26追記)
 アナログ接続した状態だとどうも色々な面で強調された音になるし、なんか気になったのでその後も調査。
 ってか……試してみたらアナログで繋いだときでも音がいじれちゃったんで、調べるまでもなかった(笑)。
 念のため問い合わせたところ、やっぱり再度デジタル〜アナログ変換してるとのこと。
 そんなわけで、当面はHDMI接続のままでいきます。
 光接続は一度やったのですが、安物ケーブルだったせいか特に大きな変化なし。