トランスアルパイン 30
ドイター(公式サイトはこちら

(画像をクリックすると楽天ショップに飛びます)
Yahoo!で買う
アマゾンで買う

 草野球のときはクロスにマッチパック載っけて、あとは小さなバックパック(ドイター・クロスバイクってモデル)背負って球場まで行ってたのですが、片道10キロ超すとやっぱりロードに乗りたくなるんですよね。断然速いし、楽だから。

 ただロードだと積載量の問題があるので、だったら人間が持つか、ということででっかいバッグを物色しました。

 普通ならメッセンジャーバッグなんでしょうけど、片方の肩にだけ負担がかかるのがどうにも好きでないので(ここらへんは趣味の問題)、候補にしたのは大型バックパックとオルトリーブのこれ。

メッセンジャーバッグ
オルトリーブ

 実際に何軒か専門店を回ったのですが、オルトリーブのメッセンジャーバッグはさすが大人気モデルってことでどこも売り切れ。一つだけ実物あったのですが、確かにこれはイイ!……と思わせました。ただ、欲しかった色じゃなかったので今回は見送り。
 そんなわけで定番ドイターのバックパックの、一番大きいサイズであるトランスアルパイン30を購入したわけです。
 まあ、定価でしたけど。ネットならかなり安かったなぁ……(苦笑)。

トランスアルパイン30カラーは色々ありますが、私は青系が好きなので。ペンネームも青ですし。
ヘルメットもこのバンドに挟めるようです。クロスバイクと同じですね。

トランスアルパイン30下の部分はチャックの開閉で一帰室・二帰室に変えられます。
これが二帰室。

トランスアルパイン30そんで、これがで一帰室。こうするとどっかどかと荷物入ります。
この写真じゃちょっとわかりづらいんですが。
下から荷物を出し入れできて便利。

 先日試合に行ったときにはこれだけの荷物を詰め込みましたが、まだ余裕がありました。

トランスアルパイン30

 中身は、ユニフォーム上下・帽子・ベルト・替えのシャツ・タオル・デジカメ・スコアカード・グローブ・バッティンググローブです。
 他にも小さなポケットがいくつかあるので小物が収納できます。私は予備の眼鏡(昔試合中に破損した過去が……)とサングラス、ハンカチなどを入れておきました。

 さすがに背中は蒸れますけれど、一般のバックパックに比べると体感できるくらいにはマシです。
 個人差・体格差もあるでしょうが、私にはよくフィットしてくれました。

 あ、さすがにスパイクまでは無理だったので(詰めれば大丈夫だったかな?)、それはトピークのダイナパックDXを使いました。